【小田原グルメ】食べ歩きの楽しみ方!小田原人のおすすめコース!

※アフィリエイト広告を利用しています

小田原城

小田原といえば、城下町の風情や海の幸が魅力的な街ですが、実は食べ歩きも楽しめるスポットがたくさんあります。小田原の名物や地元の食材を使ったおでんやかまぼこ、魚料理などを味わいながら、小田原の歴史や文化に触れることができます。今回は、小田原人の私がおすすめする食べ歩きコースをご紹介します。小田原駅から徒歩圏内で回れるので、アクセスも便利です。小田原グルメの魅力を存分に堪能してください。

目次

小田原グルメ食べ歩きの魅力とは?

小田原の歴史と食文化

小田原は古くから日本の歴史に名を連ねる城下町として栄え、その食文化においても独自の発展を遂げてきました。地理的に恵まれたこの土地は、山・川・海に囲まれ、豊かな食材の供給地となっています。地元で獲れる新鮮な魚介類や、山の恵みを活かした野菜といった食材は、小田原ならではの味わいを生み出しています。

小田原の食文化を形作る要因には、まずその歴史が挙げられます。小田原城を中心とした武家文化や、江戸時代の宿場町としての役割が、今なお食に関する伝統や工夫を育てているのです。例えば、かまぼこは江戸時代に小田原で発展した郷土食品であり、現在もその技術と味は後世に引き継がれ、観光名所ともなっています。

また、漁港としての顔を持つ小田原では、その日に獲れた魚を使った海鮮料理が名物となっています。さらに、農業も盛んで、特に梅やみかんなどの果物は全国的にも有名です。地元で大切に育てられたこれらの食材が、多彩なグルメを支えているのです。

小田原の食文化を単なる観光の名物と捉える人もいるかもしれませんが、実際には地元住民の食生活と密接に関わり、日々進化を続けている生きた文化です。小田原を訪れた際は、その豊かな歴史と食文化の息吹を体感していただきたいと思います。

小田原ならではの食べ歩きスポット

小田原は、海に面した城下町として栄えた歴史があり、海の幸や山の幸が豊富に採れる地です。そのため、小田原にはさまざまな食べ歩きスポットがあり、地元の食材を使ったグルメを楽しむことができます。

かまぼこ通り

かまぼこ通り

かまぼこ通りとは、小田原の名物であるかまぼこを製造・販売するお店が集まる通りのことです。かまぼこは、魚のすり身に塩や砂糖などの調味料を加えて練り、木の板にのせて蒸したもので、日本の伝統的な水産加工品の一つです。かまぼこ通りには、江戸時代から続く老舗のかまぼこ屋や、干物屋、鰹節屋、料亭、飲食店、和菓子屋など約30店舗が並んでいます。かまぼこ通りでは、各店の個性豊かなかまぼこや、さつま揚げ、伊達巻、ちくわなどの水産加工品を買って食べ歩きすることができます。また、なりわい交流館では、かまぼこの歴史や製法を学んだりなどもできます。かまぼこ通りは、小田原の食文化や歴史を感じることができる観光スポットです。小田原に来たら、ぜひかまぼこ通りを散策してみてください。

目次