\ ポイント最大11倍! /

【小田原グルメ】食べ歩きの楽しみ方!小田原人のおすすめコース!

※アフィリエイト広告を利用しています

小田原城

小田原といえば、城下町の風情や海の幸が魅力的な街ですが、実は食べ歩きも楽しめるスポットがたくさんあります。小田原の名物や地元の食材を使ったおでんやかまぼこ、魚料理などを味わいながら、小田原の歴史や文化に触れることができます。今回は、小田原人の私がおすすめする食べ歩きコースをご紹介します。小田原駅から徒歩圏内で回れるので、アクセスも便利です。小田原グルメの魅力を存分に堪能してください。

目次

小田原グルメ食べ歩きの魅力とは?

小田原の歴史と食文化

小田原は古くから日本の歴史に名を連ねる城下町として栄え、その食文化においても独自の発展を遂げてきました。地理的に恵まれたこの土地は、山・川・海に囲まれ、豊かな食材の供給地となっています。地元で獲れる新鮮な魚介類や、山の恵みを活かした野菜といった食材は、小田原ならではの味わいを生み出しています。

小田原の食文化を形作る要因には、まずその歴史が挙げられます。小田原城を中心とした武家文化や、江戸時代の宿場町としての役割が、今なお食に関する伝統や工夫を育てているのです。例えば、かまぼこは江戸時代に小田原で発展した郷土食品であり、現在もその技術と味は後世に引き継がれ、観光名所ともなっています。

また、漁港としての顔を持つ小田原では、その日に獲れた魚を使った海鮮料理が名物となっています。さらに、農業も盛んで、特に梅やみかんなどの果物は全国的にも有名です。地元で大切に育てられたこれらの食材が、多彩なグルメを支えているのです。

小田原の食文化を単なる観光の名物と捉える人もいるかもしれませんが、実際には地元住民の食生活と密接に関わり、日々進化を続けている生きた文化です。小田原を訪れた際は、その豊かな歴史と食文化の息吹を体感していただきたいと思います。

小田原ならではの食べ歩きスポット

小田原は、海に面した城下町として栄えた歴史があり、海の幸や山の幸が豊富に採れる地です。そのため、小田原にはさまざまな食べ歩きスポットがあり、地元の食材を使ったグルメを楽しむことができます。

かまぼこ通り

かまぼこ通り

かまぼこ通りとは、小田原の名物であるかまぼこを製造・販売するお店が集まる通りのことです。かまぼこは、魚のすり身に塩や砂糖などの調味料を加えて練り、木の板にのせて蒸したもので、日本の伝統的な水産加工品の一つです。かまぼこ通りには、江戸時代から続く老舗のかまぼこ屋や、干物屋、鰹節屋、料亭、飲食店、和菓子屋など約30店舗が並んでいます。かまぼこ通りでは、各店の個性豊かなかまぼこや、さつま揚げ、伊達巻、ちくわなどの水産加工品を買って食べ歩きすることができます。また、なりわい交流館では、かまぼこの歴史や製法を学んだりなどもできます。かまぼこ通りは、小田原の食文化や歴史を感じることができる観光スポットです。小田原に来たら、ぜひかまぼこ通りを散策してみてください。

小田原おでん

小田原おでん本店

小田原おでんとは、小田原の名物や地元の食材を使ったおでんのことです。小田原おでんは、醤油ベースの濃いめの出汁に、大根やこんにゃく、卵などの具材を煮込んだもので、辛子ではなく、小田原の名産品の一つである梅を活かした「梅みそ」をつけて食べます。小田原おでんは、「かながわの名産100選」にも選ばれています。

小田原おでんを食べるなら、小田原おでん本店がおすすめです。小田原おでん本店は、おでんと日本料理の専門店で、小田原駅から徒歩18分ほどの場所にあります。小田原おでん本店では、小田原のかまぼこ店13社が作ったオリジナル種や、定番種を楽しむことができます。おでん鍋や牛すじ丼ランチなどの人気メニューもあります3。店内はゆったりとしたたたずまいで、カウンター席や座敷席、お茶室やはなれなどの個室もあります。お酒と一緒に、ほっこりとした空間で小田原おでんを味わってください。

ミナカ小田原

ミナカ小田原

小田原ならではの食べ歩きスポットとして、ミナカ小田原をおすすめします。ミナカ小田原は、小田原駅から地上14階と地下1階に分かれたタワー棟と、江戸情緒あふれる小田原新城下町の2つのエリアからなる複合商業施設です

ミナカ小田原では、小田原の名物や地元の食材を使った様々なグルメが楽しめます。例えば、以下のようなお店があります。

みなと食堂
  • 小田原みなと食堂: 小田原港から直送される新鮮な魚介類を使った料理が味わえる食堂です。海鮮丼や刺身、天ぷらなどが人気です
相模屋
  • いなり寿司 相模屋: 小田原の伝統的な郷土料理であるいなり寿司を提供するお店です。ふっくらとしたお揚げに甘辛い酢飯を詰めたいなり寿司は、一口サイズで食べやすく、お土産にも最適です
とくぞう
  • 金目鯛とくぞう: 小田原のブランド魚である金目鯛を使った料理が堪能できるお店です。金目鯛の煮付けや焼き魚、鍋などがあります。秋にはガラポン大抽選会も開催されています。

小田原漁港

小田原漁港は、相模湾の西部にある神奈川県管理の第3種漁港です。小田原漁港は、元は陸地であった場所を掘込み式で整備した全国でも珍しい漁港で、周辺には飲食店や水産物のみやげ物店、釣船の船宿などが軒を並べています。小田原漁港では、小田原の名物や地元の食材を使った様々なグルメが楽しめます。例えば、以下のようなお店があります。

  • 漁港の駅 TOTOCO小田原: 小田原漁港交流促進施設として2019年にオープンした複合施設です。鮮魚、活魚及び水産加工品などの地場の水産物の販売や飲食を核として、地場産の農産物、土産物等の提供や、小田原の観光や地場産品の情報発信などを行っています。2階のとと丸食堂では、小田原港から直送される新鮮な魚介類を使った料理が味わえます。海鮮丼や刺身、天ぷらなどが人気です。
小田原漁港おさかな通り
  • 小田原おさかな通り: 港の周辺の通りには水揚げされたばかりの鮮魚を扱う魚料理店がいくつもあり、グルメスポットです。小田原にきたならやっぱり新鮮なアジが食べたいという方には、アジの刺身や干物、煮付けなどがおすすめです。
港の朝市
  • 港の朝市: その日の早朝に漁獲したばかりの新鮮な魚はもちろん、小田原名産の干物、かまぼこ、さつま揚げ、地元の野菜や果物など地場産品を目いっぱい揃えています。港の朝市は毎月第1・3日曜日に開催されています。早起きして、港の雰囲気を感じながら、お買い物を楽しんでください。

小田原グルメ食べ歩きの穴場スポット

小田原人が通う地元飯をいくつか紹介

スパイシーカレートップ

スパイシートップ

小田原人が通う地元飯として、スパイシーカレートップを紹介します。スパイシーカレートップは、小田原市の地物食材を生かしたシンプルカレーのお店です。小麦粉を一切使わず、スパイスと具材だけのカレーは、日本人になじみ深い「和」の調味料を隠し味にしています。ライスは香り高いインディカ種バスマティライスに日本米をブレンドし、仕上げに自家製ガラムマサラを振りかけます。メニューは、スパイシーチキンカレーやスパイシービーフカレーなどの定番から、季節限定のカレーやトッピングもあります2。店内は落ち着いた雰囲気で、カウンター席やテーブル席があります。また、テイクアウトも可能です。スパイシーカレートップは、井細田駅から徒歩3分の場所にあります。

餃子屋栢山店

餃子屋栢山店

餃子屋栢山店とは、小田原市栢山にある餃子専門店です。こちらのお店では、大ぶりで具沢山の餃子を味わうことができます。餃子は、一皿に14個も盛られており、見た目も圧巻です。餃子の種類は、あさり餃子やカレー餃子、スタミナ餃子などのオリジナル種や、季節限定のたんたん餃子などがあります。餃子以外にも、ラーメンや雑炊、サラダなどのメニューも充実しています。店内は落ち着いた雰囲気で、カウンター席やテーブル席があります。予約も可能です。餃子屋栢山店は、小田急線栢山駅から酒匂川方向に5分ほど歩くと右手に見えます。

肉厚餃子

ラーメン雪だるま

雪だるま店舗

ラーメン雪だるまとは、小田原市荻窪にあるラーメン店です。こちらのお店では、白味噌ベースの濃厚なスープと中太麺が特徴の味噌ラーメンをはじめ、塩ラーメンや醤油ラーメンなどのメニューがあります。チャーシューはバラ肉の煮付け風で、ボリュームたっぷりです。トッピングもリーズナブルで、コーンやもやし、野菜などが選べます。お店は足柄駅から徒歩11分ほどの場所にあります。席数は16席で、カウンター席と座敷席があります。店内は落ち着いた雰囲気で、ラーメン好きの人にもファミリー客にも愛されるお店です。小田原人が通う地元飯として、ラーメン雪だるまはおすすめです。

味噌チャーシューラーメン

どすこい力士食堂

力士食堂

どすこい力士食堂とは、小田原市中町にある日本料理のお店です。元力士がオーナーを務めており、本格的なちゃんこ鍋やド迫力の肉料理を提供しています。お店の名前の通り、力士らしいボリューム感がある料理が多く、満足感たっぷりです。例えば、からあげ定食は、巨大でふっくらジューシーなからあげが6個も盛られており、ごはんはお代わり自由です。ちゃんこ鍋は、塩ベースの鶏ちゃんこが主で、具材には珍しくじゃがいもも入っています。その他にも、生姜焼きや豚キムチ、餃子、牛すじ煮など、力士時代に作っていた料理が味わえます。店内は白壁にはめ板で、相撲部屋のような雰囲気に作りかえられています。カウンター席や座敷席があり、にこやかで親しみやすいオーナーが出迎えてくれます。

鶏塩ちゃんこ鍋

中華四川

中華四川

中華四川とは、小田原市上曽我にある担々麺のお店です。小田原タンタン麺の発祥の店として知られており、麻辣(しびれるような辛さ)のスープと自家製のちぢれ麺が特徴です。メニューは、普通・大辛・激辛の3種類の辛さから選べる担々麺のほか、替玉やトッピング、ライスなどがあります。店内は白壁にはめ板で、相撲部屋のような雰囲気に作りかえられています。カウンター席やテーブル席があり、にこやかで親しみやすいオーナーが出迎えてくれます。テイクアウトも可能で、レトルトタンタン麺やタンタンモッチー(タンタンスープとお餅入り)なども販売しています。

小田原系担々麵

麺庵ちとせ

麺庵ちとせ

麺庵ちとせとは、小田原市風祭にあるラーメン店です。こちらのお店は、東京の曙橋から移転してきた人気店で、食べログで高い評価を得ています。メニューは、塩、醤油、担担麺があり無化調のスープが人気です。お店は箱根登山鉄道風祭駅から徒歩5分の場所にあります。駐車場は店横にありますが、人気店の為早めの来店をおすすめします。

醬油ラーメン

味の大西 小田原店

味の大西 小田原店

味の大西 小田原店:小田原系ラーメンの元祖と言われるお店で、ピロピロとした細麺と濃厚なスープが特徴です。ワンタンメンやチャーシューワンタンメンが人気で、地元の常連客で賑わっています。不定休や臨時休業が多いので、事前に確認してから行くのがおすすめです。

このお店は、緑町駅から徒歩2分のところにあります。22席の小さなお店で、カウンター席とテーブル席があります。全席禁煙で、カードは使えません。予約もできませんが、持ち帰りも可能です。

このお店のメニューは、ラーメンと定食ととんかつがあります。ラーメンは、小田原系と呼ばれる濃厚な醤油スープと細くてしなやかな麺が特徴です。ワンタンメンやチャーシューワンタンメンがおすすめです。定食は、とんかつ定食やチキンカツ定食などがあります。

このお店は、小田原の名物である小田原系ラーメンを味わえるお店です。地元の人にも観光客にも人気で、昼時は行列ができることもあります。濃厚なスープと細麺の組み合わせがクセになるおいしさです。

チャーシューワンタンメン

中華そば 馨

中華そば 馨

小田原市の住宅街にあるラーメン店で、鶏油が浮いた醤油スープと細麺が特徴です。鶏中華そばや鶏つけそばなどが人気で、味玉やワンタン、チャーシューなどのトッピングも豊富です。店内はカウンター席のみで、全席禁煙です。不定休や臨時休業が多いので、事前にTwitterかLINEで確認してから行くのがおすすめです。この店は、井細田駅から徒歩15分のところにあります。

この店のメニューは、鶏中華そばと鶏つけそばと白醤油そばがあります。鶏中華そばは、大山鶏の丸鶏と鶏ガラを使用した鶏油が浮いた醤油スープと細麺ストレートの麺に穂先メンマ、九条葱、薄くて大きめの豚肩ロースのチャーシューがトッピングされています。780円で食べられます。鶏つけそばは、鶏中華そばのスープを濃縮したつけ汁と麺に同じトッピングが付いています。830円で食べられます。白醤油そばは、鶏中華そばのスープに白醤油を加えたスープと麺に同じトッピングが付いています。880円で食べられます。味玉やワンタンやチャーシューなどのトッピングは別料金で追加できます。麺大盛は200円でできます。チャーシューご飯や卵かけご飯などのサイドメニューもあります。

鶏中華そば

港の台所なみ

港の台所 なみ

小田原漁港の一角にある大衆食堂で、地魚を使った海鮮定食をリーズナブルに楽しめます。小田原名物のアジフライやオシツケあら煮、炭焼き、金目鯛などがあります。丼ぶり物4種類のご飯が食べ放題です。店内は広々としており、湘南エリアからもアクセスしやすいです。

この店は、早川駅から徒歩5分のところにあります。67席の店で広い店ですが時間帯になります。

この店のメニューは、海鮮定食と丼ぶり物とサイドメニューがあります。海鮮定食は、アジフライ定食やオシツケあら煮定食などがあります。アジフライ定食は、980円で、オシツケあら煮定食は、1080円です。アジフライは、サクサクでジューシーで、ご飯と味噌汁とサラダが付きます。オシツケあら煮は、魚のアラと野菜を甘辛く煮込んだもので、ご飯と味噌汁とサラダが付きます。丼ぶり物は、海鮮丼や漁師飯漬け丼などがあります。海鮮丼は、1380円で、漁師飯漬け丼は、1280円です。海鮮丼は、新鮮な刺身がご飯の上に乗ったもので、味噌汁とサラダが付きます。漁師飯漬け丼は、魚の切り身と卵とネギがご飯の上に乗っていて、醤油やだしでかけて食べるもので、味噌汁とサラダが付きます。丼ぶり物は、ご飯が食べ放題です。サイドメニューは、炭焼きや金目鯛などがあります。炭焼きは、魚や貝を炭火で焼いたもので、500円からあります。金目鯛は、魚を煮付けや塩焼きにしたもので、980円からあります。

この店は、小田原の名物であるアジフライやオシツケあら煮を味わえる店です。地元の人にも観光客にも人気で、新鮮な魚介をリーズナブルに楽しめます。ご飯食べ放題の丼ぶり物もお得です。小田原に来たら、ぜひ一度訪れてみてください

アジのなめろう

港のごはんやさん

港のごはんやさん

小田原市の早川漁港にある「港のごはんやさん」は、地元の小田原人から愛される海鮮料理店です。

朝6時半から営業しており、漁師さんなどの朝食も賄っています。店内は広く、テーブル席や座敷席があり、家族連れやグループでも利用しやすい雰囲気です。

おすすめメニューは、新鮮なアジを使った「アジフライ」と「なめろう」です。アジフライは、サクサクの衣に包まれたアジの身がふっくらとジューシーで、なめろうは、新鮮なアジのたたきと味噌を混ぜ合わせた、小田原の郷土料理です。定食や丼物などのメニューも充実しており、小田原の海の幸をさまざまな料理で楽しめます。また、ビールや日本酒などのお酒も豊富に取り揃えており、海鮮料理と一緒にお酒を楽しむのもおすすめです。

小田原を訪れた際には、ぜひ「港のごはんやさん」で、新鮮な海鮮料理を味わってみてください。

海が見えるかまぼこ屋の創作料理

Cafe&Restaurant やまじょう

Cafe&Restaurant やまじょう

小田原で海が見えるかまぼこ屋として知られるCafe&Restaurant やまじょうでは、素晴らしい創作料理を楽しむことができます。

1. 鮮度抜群の海の幸を使用した料理:やまじょうでは、地元の漁師から直接仕入れた新鮮な魚介類を使用しています。そのため、口に入れた瞬間に感じる海の香りや味わいは他のどの店とも異なります。

2. 見た目にも美しい盛り付け:料理の盛り付けもやまじょうのこだわりの一つです。オーシャンビューの店内で提供される創作料理は、食欲をそそり、目でも楽しむことができます。

3. ユニークな味わいのメニュー:やまじょうの創作料理は、伝統的な料理に新しいアレンジが施されています。例えば、和洋折衷のかまぼこを使用したパスタやサラダ、鯛のソテーや焼き物など、多様な味わいを楽しむことができます。

オーシャンビューでいただく和洋折衷のかまぼこを使用したパスタは、一口食べるたびに新たな驚きと満足感が広がります。かまぼこの旨みとパスタのアルデンテな食感が絶妙にマッチしており、一度食べたら癖になること間違いありません。

鯛のソテーは、新鮮な鯛がふんだんに使われていて、皮はパリッと焼き上げられ、中はふっくら柔らかく仕上げられています。一口食べると、海の風味と鯛の自然な旨みが広がり、贅沢なひとときを味わうことができます。

Cafe&Restaurant やまじょうは、海が見えるかまぼこ屋として地元の人からも多くの支持を受けています。その特徴的な創作料理は、鮮度抜群の海の幸とユニークな味わいが魅力です。小田原を訪れた際には、ぜひやまじょうでこれらの料理を味わってみてください。

かまぼこパスタ

小田原グルメ食べ歩きのよくある質問と回答

小田原で有名なグルメは?

小田原は、相模湾に面した港町で、新鮮な海の幸や、豊かな自然の恵みを活かしたグルメが楽しめます。その中でも、特に有名なグルメをいくつかご紹介します。

小田原おでん

相模湾の海の幸や山の幸をたっぷり使った、小田原のソウルフードです。だしは、かつお節と昆布をベースに、魚介類や野菜を加えてじっくりと炊き上げます。具材は、ちくわぶやちくわ、こんにゃく、海鮮など、さまざまなものが楽しめます。

アジの唐揚げ

小田原の郷土料理です。新鮮なアジを半生で揚げることで、ふっくらとした食感と、ジューシーな味わいを楽しめます。

かまぼこ

小田原の伝統の味です。揚げかまぼこやねり製品など、さまざまな形や味があります。

海鮮丼

小田原漁港から直送される新鮮な海の幸をたっぷり使った丼です。マグロやサーモン、イカ、エビなど、さまざまな海の幸を一度に味わうことができます。

海鮮焼き

小田原漁港から直送される新鮮な海の幸を、網焼きや鉄板焼きでいただく料理です。マグロやサーモン、イカ、エビなど、さまざまな海の幸を焼きたてで味わうことができます。

海鮮刺身

小田原漁港から直送される新鮮な海の幸を、刺身でいただく料理です。マグロやサーモン、イカ、エビなど、さまざまな海の幸を、その日の一番おいしい状態で味わうことができます。

小田原を訪れた際には、ぜひこれらのグルメを味わってみてください。

小田原の市場で新鮮な地元食材を買える?

小田原では、地元の市場で新鮮で美味しい地元食材を手に入れることができます。特に小田原さかなセンターや小田原まるとなどは、地元水産業者と直接取引をしているため、新鮮な魚介類を手軽に購入することができます。

小田原さかなセンター

小田原さかなセンター

小田原さかなセンターは、多くの地元水産業者が出店している市場です。ここでは、地元で獲れた魚介類を直接販売しており、新鮮な状態で手に入れることができます。さらに、専門の仲買人が購入相談に乗ってくれるので、初心者でも安心して買い物ができます。

例えば、小田原さかなセンターでは、新鮮な鯛や鮪、地元特産品の生しらすなどを手に入れることができます。これらの食材は、地元の漁師たちが大切に獲ったものであり、味も鮮度も抜群です。

さかなの新鮮な魚貝類

干物の山安

干物の山安

小田原市場にある干物専門店です。ここでは、新鮮な魚介類を使用して職人が手作りした干物が販売されています。干物の種類も豊富で、味も抜群です。お店のスタッフが丁寧におすすめの品を紹介してくれるので、どれを選べばいいか迷ったら相談してみましょう。

鮑屋直売所

鮑屋直売所

小田原の特産であるアワビを直売しているお店です。ここで買えるアワビは、朝獲れのものを取り扱っており、鮮度が抜群です。また、アワビ以外にも、小田原で水揚げされた魚介類や地元の野菜も販売されています。

漁港の駅TOTOCO

漁港の駅TOTOCO

小田原漁港内にある物産館です。ここでは地元の新鮮な海産物を中心に取り扱っており、小田原ならではの味を楽しむことができます。また、海鮮丼や新鮮な刺身などが提供される食堂も併設されていますので、食事をしながら海の幸を楽しむこともできます。

小田原では、新鮮な地元食材を手に入れるために、小田原さかなセンターや小田原漁港などの市場を訪れることをおすすめします。地元ならではの美味しい魚介類や特産品を味わいたい方には、必見のスポットです。

小田原グルメの予約方法や営業時間はどうなっている?

小田原でのグルメ予約方法や営業時間は店によって異なり、事前に確認することが重要です。多くの飲食店ではピークタイムを避けるため、事前予約を推奨しています(予約なしの店も存在します)。

また、季節や曜日によって営業時間が変動するケースもあります。装いやイベントに合わせた特別営業を行うことも、小田原グルメの魅力の一つです。

例えば、小田原城周辺の人気の寿司店では、週末や祝日に限りランチタイムに予約が必要な場合があります。また、地元の味を堪能できる食堂では、平日の午後に限定メニューを提供しており、それらの情報は店舗のウェブサイトやSNSで共有されることが多いです。観光シーズン中は特に混雑するため、予約なしでは入店が困難になることもあります。

小田原のグルメスポットに予約なしで気軽に入れると考える人もいるかもしれませんが、特に人気店や休日は予約がなければ長時間待つことを覚悟しなければならない状況です。

小田原で食事を楽しむ際は、お店ごとの予約方法や営業時間を事前にチェックしておくことをお勧めします。

小田原グルメ食べ歩きの楽しみ方 まとめ

小田原提灯

小田原グルメは歴史と食文化、食べ歩きスポット、地元の味を楽しめる飲食店など、さまざまな魅力があります。この記事では、小田原の人気のグルメ観光スポットや穴場スポットを紹介しました。また、よくある質問にも回答し、読者が小田原のグルメを楽しむための情報を提供しました。

小田原の歴史と食文化は、地元の料理や食材の特徴を知ることができ、食べ歩きスポットではその場所ならではの美味しいものを楽しむことができます。小田原城周辺のおすすめ飲食店では、歴史ある景観を背景に、美味しい料理を味わうことができます。地元の味を堪能できる食堂では、地元の食材を使った料理を味わうことができます。

小田原グルメの人気スポットとして、小田原城周辺のおすすめ飲食店が挙げられます。例えば、小田原城の近くにある地元の海産物を使った料理が楽しめる料亭や、地元の野菜を使った和食が楽しめる懐石料理店などがあります。また、地元の味を堪能できる食堂としては、小田原市場内にある海鮮丼専門店や、地元の魚介を使った寿司屋などがあります。

小田原のグルメ観光スポットについて、他にも魅力的な場所があるかもしれませんが、この記事では特に人気のあるスポットを紹介しました。また、小田原の市場で地元食材を買えるかどうかも確認しました。さらに、小田原グルメの予約方法や営業時間についても詳しく調査しました。

小田原はグルメの宝庫であり、訪れる人々に美味しい食事体験を提供しています。地元の食材や料理を楽しむことで、小田原の魅力を存分に味わうことができます。今回の情報を参考にして、小田原での食べ歩き旅を楽しんでください!

国内最大級の旅行サイト【楽天トラベル】で有意義な旅行計画を。楽天経済圏の方はもとより、ポイント還元がありお得に旅行ができます。

目次