\ ポイント最大11倍! /

飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ

※アフィリエイト広告を利用しています

湯河原飯田商店

飯田商店とは、神奈川県湯河原町にある超人気のラーメン店です。創業は2010年で、鶏清湯スープのラーメンで有名になりましたが、昨年から鶏と豚のバランス系のスープに変更しました。また、静岡県沼津市に初の支店を出しました。飯田商店のラーメンは、国産の小麦や塩、地鶏などを厳選し、独自にブレンドして作っています。店主の飯田さんは、日本のラーメンを麺類の世界一にすることを目指しています。

現在、飯田商店は完全予約制となっており、予約をしていないと入店できません。予約はOMAKASEという外部サービスを使って行います。OMAKASEは飯田商店の公式サイトや食べログからアクセスできます。予約は毎週火曜日の正午から開始され、その時点で翌週の木曜日から月曜日までの予約が可能になります。火曜日と水曜日は定休日です。予約は一週間分しか取れないので、早めに予約しましょう。予約開始から数分で満席になることもあります。予約時には一席あたり390円の手数料がかかります。予約する際には、しょうゆらぁ麺、しおらぁ麺、つけ麺のいずれかを選ぶ必要があります。トッピングやサイドメニューは当日店舗で注文できます。

以前は多少は混んでいましたが、普通に食べに行けるラーメン屋さんでしたが 人気が出て今や全国的に有名になり、近隣に居てもなかなか食べれないラーメン屋さんに成り上がってしまいました。
そんな飯田商店のラーメンを久しぶりに食して巷の噂に上がっている『まずい⁈』を小田原人(私)と湯河原人(会社の部下)とで検証してみたいと思います。
なお、湯河原の本店では写真撮影等、迷惑をかけると悪いので今回はフードコートにある沼津ららぽーとでわざわざ実食してみました。

今や全国区の湯河原の飯田商店のラーメンは通販で購入できます。

らぁ麺飯田商店 | 湯河原本店 (iidashouten.com)

目次

飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ 基本的なおさらい

沼津飯田商店の看板

飯田商店とは現在どんな店なのか?

まず飯田商店のお店の情報は以下の通りです。

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上字下山田135

電話番号:0465−62−3000

営業時間:11時〜15時

定休日:火曜日・水曜日

公式サイト:[https://iidashouten.com/][/li][li indent=0 align=left]

食べログ:[https://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140502/14000210/][/li][/ul][/ml]


現在は整理券でなく完全予約制で、予約が取りにくい状況下でもある。
整理券方式の時は朝から並びが多くて指定時間に行っても完売の時が多数ありました。
また、近隣は住宅街なので近隣への迷惑も配慮して、整理券方式をやめたと思われます。

飯田商店の現在の口コミや評判とは?

飯田商店の現在の評判は、賛否両論です。一部の人は、飯田商店のラーメンを絶賛し、スープのコクと旨味、麺のモチモチ感、具材のボリュームなどを高く評価しています。また、店主の飯田さんの人柄や接客態度も好評です。一方、一部の人は、飯田商店のラーメンを不満に感じ、スープの油っこさや塩辛さ、麺の太さや硬さ、具材の多さや単調さなどを批判しています。また、店の清潔さや待ち時間、予約制度などにも不満を述べる声があります。飯田商店のラーメンは、好みが分かれると言えるでしょう。

飯田商店は、昔から地元民に愛されている老舗ですが、最近は味の変更や値上げ、支店の出店などで話題になっています。飯田商店は、全国にラーメン屋を展開した佐野実さんの店に通い、素材や製法にこだわったラーメンを提供しています。飯田商店は、TRYラーメン大賞で4年連続大賞を受賞し、食べログではラーメン屋としていちばん最初に掲載され名店100にも選ばれています。飯田商店のラーメンは、以前は週末には200人以上が並ぶほどの人気です。飯田商店のラーメンは、湯河原の観光名物としても知られており、多くのファンやメディアに取り上げられています。

飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ 素朴な疑問

飯田商店のしょうゆらぁ麺

飯田商店のラーメンは他店とどう違うのか?

飯田商店のラーメンは、他店とは以下の点で違います。


麺は国産小麦を独自にブレンドし、天然由来のかんすいと沖縄の塩で調整しています。麺の太さや硬さも日替わりで変えています。
スープは鶏と豚の2種類を使用し、化学調味料は一切使われていません。醤油ダレや塩ダレも自家製で、鶏油や背脂も希少部位を用いています。
具材は、もやしとネギがたっぷり入っており、チャーシューや味玉、わんたんなどもトッピングされています。具材の量や種類もメニューによって異なります。


店主は元日本料理人で、ラーメンの味を常に進化させています。店主の人柄や接客態度も温かくて謙虚です。
飯田商店のラーメンは、素材や製法にこだわった、独自の味と量で、一度食べたら忘れられない一杯です。飯田商店は、TRYラーメン大賞で4年連続大賞を受賞し、食べログではラーメン屋としていちばん最初に掲載され名店100にも選ばれています。

飯田商店が『まずい』と言われる理由は?

飯田商店が『まずい』と言われる理由は、主に以下の3つです。


スープやチャーシューが脂っこいと感じる人がいる。

麺が柔らかいと感じる人がいる。

値段が高いと感じる人がいる。


スープやチャーシューは、こだわりの素材や製法で作られていますが、オイリーでびっくりするほどの脂が浮いているので、胃に重くのしかかってくるという感想があります。麺は、国産小麦を独自にブレンドし、天然由来のかんすいと沖縄の塩で調整していますが、茹で方や湯切りの仕方によって、柔らかすぎるという感想があります。値段は、原材料の値上げからではなく、未来のためや価値観を上げていきたいからという理由で値上げしたことがありますが、高すぎるという感想があります。

飯田商店のラーメンは、店主の飯田さんの想いを貫いた、独自の味と量で、一度食べたら忘れられない一杯です。しかし、好みが分かれるということも事実です。飯田商店が『まずい』と言われる理由は、その好みの違いによるものだと言えるでしょう。

飯田商店のラーメンは『高い』のか?

湯河原にあるラーメン屋「飯田商店」の商品が「高い」と感じる理由は、以下の3つが挙げられます。

ラーメン業界の一般的な価格水準と比較して高い

ラーメン業界の一般的な価格水準は、ラーメンが700~1,000円、つけ麺が800~1,200円程度です。飯田商店のラーメンは1,800円、つけ麺は2,200円と、この水準を大きく上回っています。

湯河原という立地から、観光客向けの価格設定だと感じる

湯河原は観光地として人気があり、物価も比較的高めです。飯田商店も、観光客をターゲットに、高めの価格設定をしているのではないかと感じる人もいます。

ラーメンの味やボリュームに対して、価格が高すぎると感じる人もいる

飯田商店のラーメンは、濃厚な豚骨魚介スープと、もちもちとした自家製麺が特徴です。しかし、味やボリュームに対して、2,000円という価格は高いと感じる人もいるようです。
もちろん、飯田商店の商品は、原材料や人件費などのコストを反映した価格設定であるとも考えられます。また、ラーメン業界の常識にとらわれない、新しい価値観を提案しているとも言えるでしょう。
しかし、一般的に「高い」と感じる人が多いのも事実です。飯田商店の商品を「高い」と感じるか否かは、個人の価値観や、ラーメンに対する期待値によって異なると言えるでしょう。

飯田商店のラーメンは取り寄せができるのか?

らぁ麺飯田商店 ネット通販や宅麺.comなどのサイトで注文できます。醤油らぁ麺や担々麺などの種類があります。具材は別途用意する必要がありますが、本店の味を自宅で楽しめます。飯田商店のラーメンはTRY(東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー)大賞総合1位を4連覇した人気店です。スープは澄み切った色からは想像できない濃厚な旨味の鶏出汁に、芳醇な醤油の風味が加わっています。麺は中太のストレート麺で、スープとの絡みが抜群です。

飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ 実食検証

飯田商店が『まずい』と言われる理由は、主に以下の3つです。

スープやチャーシューが脂っこいと感じる人がいる。

麺が柔らかいと感じる人がいる。

値段が高いと感じる人がいる。

スープやチャーシューが脂っこいと感じる人がいる

ラーメンのチャーシュー
ラーメンスープ

スープやチャーシューが油っこいとの口コミに関して、実際に久しぶりに実食してみました。
実際のスープはイメージよりも確かに油が浮いています、ではその油のスープを飲んでみると 思ったほどの油ではないかと思われます。 ただ全部飲み干すには多少の油っこさが残っており もう少しサッパリしていればと思いました。
ただ基本的には優しく丁寧に作られている配慮が見えるので、個人的には好きですね。

麺が柔らかいと感じる人がいる

飯田商店の柔らか麺

次は麺の柔らかさの実食です。確かに麺は柔らかめで好みが分かれるかもしれません。
これは麺自体が柔らかいのか、茹で方によって柔らかいのかはわかりませんが 子供など含めた老若男女に対しての柔らかだと思います。
固い麺が好きな人にはかなりの違和感を感じるでしょうね。

値段が高いと感じる人がいる

最後は『まずい』とは少しずれますが値段についてです。値段が食感に影響するかと言えばこれも価値観ですが 値段に対する費用対効果は誰でも感覚としてあると思いますので、これも個人的な感覚になりますが 一般のラーメン屋さんの約2倍の値段になるわけですから 相応のリターンが要求されます。

私個人としては、やはり少し高く感じます。
間違っても安いとは思えませんね、これは湯河原と言う観光地価格もあるので一概には言えませんが 庶民が違和感なく食べられるのが1番の美味しさだと思います。

これは店の営業方針ですから あとは利用者が値段に対してどう判断するかですね。

しょうゆらぁ麺
1,800円 (税込) /個
しおらぁ麺
1,800円 (税込) /個
つけ麺
2,200円 (税込) /個
わんたん
350円 (税込) /個
純粋金華豚と山水地鶏のわんたん各1個。
チャーシュー
550円 (税込) /個

ただし、味はやはり美味しいですよ、まずい事はないです。ただ近隣の人間が気楽に違和感なく食べられる状況も 過去に振り返って考えてもらえると幸いですね。

飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ 予約の仕方

予約方法


飯田商店は完全予約制となっており、予約をしていないと入店できません。予約はOMAKASEという外部サービスを使って行います。OMAKASEは飯田商店の公式サイトや食べログからアクセスできます。予約は毎週火曜日の正午から開始され、その時点で翌週の木曜日から月曜日までの予約が可能になります。火曜日と水曜日は定休日です。予約は一週間分しか取れないので、早めに予約しましょう。予約開始から数分で満席になることもあります。予約時には一席あたり390円の手数料がかかります。予約する際には、しょうゆらぁ麺、しおらぁ麺、つけ麺のいずれかを選ぶ必要があります。トッピングやサイドメニューは当日店舗で注文できます。

集合時間・予約チェック・入店までの流れ


予約した時間の10分前には店頭に到着しておきましょう。店員さんから声掛けを受けたら、一人ずつ店内に入って食券を購入します。食券を購入する際には予約名を伝える必要がありますが、OMAKASEの画面の提示は不要です。食券を購入したら、再び店外に出て入店の案内を待ちます。入店の案内は名前を呼ばれる形で行われます。入店したら、飯田店主から一人一人目を合わせて挨拶をしてもらえます。

連食


飯田商店では、予約したメニュー以外にも、お時間内であれば連食ができます。連食する場合は、食券を購入して店員さんに渡す際に食べる順番を確認されます。一杯目を完食したら、声掛け不要で絶妙なタイミングで二杯目が提供されます。飯田商店のラーメンはどれも美味しいので、連食する価値はあります。

メニュー


飯田商店のメニューは、しょうゆらぁ麺、しおらぁ麺、つけ麺の三種類です。しょうゆらぁ麺としおらぁ麺は、鶏油の甘さと醤油や塩のコクが絶妙なバランスのスープに、加水率高めの細麺が合わさったものです。つけ麺は、醤油と塩の二種類があり、白色の麺と着色麺の二種類の中太麺が使われています。麺のコシは強く、小麦の香りが豊かです。つけ汁は、醤油ベースの甘めの蕎麦つゆと、鶏油の甘みと塩のキリっと感が特徴的なものがあります。どちらも鰹と煮干しの出汁が効いています。

しょうゆらぁ麺
1,800円 (税込) /個
しおらぁ麺
1,800円 (税込) /個
つけ麺
2,200円 (税込) /個
わんたん
350円 (税込) /個
純粋金華豚と山水地鶏のわんたん各1個。
チャーシュー
550円 (税込) /個

オススメメニュー


連食できる方は、らぁ麺とつけ麺の両方を食べるのがオススメです。らぁ麺は鶏そば系の王道といえる味わいで、つけ麺は今まで食べたことのないような旨さです。連食しない場合は、つけ麺がオススメです。理由は、らぁ麺よりもつけ麺の方が個性的で印象的だったことに加え、つけ麺はテイクアウトメニューにないことも大きな理由です。お店ではつけ麺を食べて、テイクアウトで醤油・塩らぁめんを家で楽しむのも良いと思います。

サイドメニュー


飯田商店のサイドメニューは、一本釣り本枯節のごはん、おにくごはん、バター醤油ごはん、などがあります。どれもこだわりを感じるもので、ラーメンとの相性も抜群です。特におにくごはんは、霧島高原純粋黒豚とTOKYO Xのロースとバラを使った贅沢な一品で、飯田商店のチャーシューの旨さを堪能できます。

おにくごはん
650円 (税込) /個
土鍋炊きライス
300円 (税込) /個
半ライス200円
バター醤油ごはん
380円 (税込) /個

出汁割り
つけ麺を食べた後には、出汁割りが提供されます。出汁割りは、鰹と煮干しの二種類があり、食券を店員さんに渡す際にどちらにするか聞かれます。出汁割りは、声掛け不要で、店員さんがタイミングを見て提供してくれます。出汁割りは、つけ汁に入れて飲むので、つけ汁は全部飲まないように注意しましょう。出汁割りを入れると、つけ汁の味が変化して、また違った美味しさが楽しめます。

テイクアウト、取り寄せガイド


飯田商店では、お店の外でテイクアウトの販売も行っています。予約なしで購入できますが、OMAKASEでも一部商品は予約可能です。

各種お土産(全国配送も承ります)
650円 (税込)~ /個
■湯河原本店 しょうゆらぁ麺(3食セット) 5,300円(税込)
・【数量/本店限定】化粧箱入り
・冷凍 しょうゆらぁ麺(3食、具材付き:ロースチャーシュー2枚、メンマ)
■鶏出汁醤油らぁ麺(3食セット) 3,800円(税込)
・化粧箱入り
・冷凍 鶏出汁醤油らぁ麺(3食、具材付き:ももチャーシュー2枚、メンマ)
■担々麺(3食セット) 4,100円(税込)
・化粧箱入り
・冷凍 担々麺(3食、肉味噌、辣油付き)
■本店プレミアムチャーシュー【不定期/グラム売り】
■飯田商店のラー油(100g瓶) 650円(税込)
■吊るし炭火焼きチャーシュー 3,600円(税込)
※11/7より3,800円(税込)へ変更になります。

飯田商店は、ラーメンの通販を行っています。
鶏出汁醤油らぁ麺3食セット(具材付き)

担々麺3食セット(肉味噌付き)

鶏出汁醤油らぁ麺3食+本店仕様ブロックチャーシュー(300g前後)

取り寄せは、飯田商店の公式オンラインショップから行うことができます。オンラインショップでは、商品の詳細や、送料などの情報を確認することができます。


取り寄せの際は、以下の点に注意しましょう。
冷凍便での発送となります。商品の到着後、冷蔵庫で保存してください。賞味期限は、商品によって異なります。

飯田商店のラーメンは、濃厚な豚骨魚介スープと、もちもちとした自家製麺が特徴です。通販で取り寄せて、自宅で味わうのもおすすめです。

予約のコツ


飯田商店は、店頭で整理券を配布する方式から、インターネット予約制に変更されました。予約は、OMAKASEのサイトから行うことができます。

予約は、希望日の2週間前から開始されます。予約開始日になると、OMAKASEのサイトに予約ページがオープンします。予約ページでは、希望の来店日時と人数を選択して予約します。
予約は先着順で、すぐに埋まってしまうことが多いため、早めに予約するのがおすすめです。また、予約が取りづらいため、予約が取れなかった場合の予備プランを用意しておくとよいでしょう。

OMAKASEのサイトの新規登録を予約前日までに済ませておく(クレジットカードも含めて)。

注文内容を予約前日までに決めておく。

スマホでは無くPCで予約する(作業性の問題です)。

場合によっては一度のチャレンジでは予約できない可能性があるので、別の日の予備プランを用意しておく(平日がおすすめ)。

飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ Q&A

予約のキャンセルや変更は可能ですか?

予約のキャンセルや変更は可能です。ただし、ある程度の期限内で手続きを行う必要があります。

キャンセルポリシー


予約時以降50%前日からのキャンセル100%
万一のキャンセル規定のため、100%=2,000円/人となります

※万が一、ご予約のお時間に遅れる場合、キャンセル扱いとなります。
時間には余裕を持ってお越しくださいますようお願い致します。
その場合もキャンセルポリシーの対象となりますのでご注意下さい。

次のお客様もいらっしゃいますので、予定の退店時間を伸ばすことはできません。

取り寄せ商品の日持ちはどのくらい?

飯田商店の取り寄せ商品の日持ちは品種や商品によって異なりますが、一般的には冷蔵で数日、冷凍で数週間から数ヶ月程度です。

飯田商店では、新鮮な食材を使用し、質の高い商品を提供しています。そのため、商品の品質や風味を保つために、配送時の保冷や冷凍を行っています。

例えば、冷蔵商品であれば、寿司や刺身などの生ものは、通常、購入日から数日以内に消費することが推奨されています。冷凍商品であれば、魚やお肉などは、製造日から数週間から数ヶ月程度保存することができます。

飯田商店の商品は、鮮度を重視しており、長期保存には向いていません。そのため、日持ちに関しては他の食品と比べるとやや短いと言えます。

飯田商店の取り寄せ商品は、新鮮さを重視しているため、一般的な食品と比べると日持ちがやや短いです。購入後はできるだけ早めにお召し上がりいただくことをおすすめします。また、商品によっては冷凍保存が可能なため、長期保存を希望する場合は冷凍方法を利用することもできます。

支払い方法と配送の選択肢

支払い方法:

現金、クレジットカード、一部交通系ICカードの決済可

配送の選択肢:

商品代引き(クロネコヤマト)
商品代引き手数料は、330円となります。 
クロネコwebコレクト(クレジットカード決済)

もちろん、他のオンラインショップでも支払い方法や配送の選択肢はありますが、飯田商店はいくつかの選択肢を提供していることが特徴です。

今や全国区の湯河原の飯田商店のラーメンは通販で購入できます。

らぁ麺飯田商店 | 湯河原本店 (iidashouten.com)

神奈川県の魅力とメリットについて

神奈川県は、日本の関東地方に位置し、多くの魅力とメリットを持つ県です。以下にその主要な点を簡単に紹介します。

魅力

  1. 多彩な観光スポット
  • 横浜:みなとみらい、横浜中華街、赤レンガ倉庫などがあります。
  • 鎌倉:歴史的な寺社や鶴岡八幡宮、長谷寺などの観光名所。
  • 箱根:温泉地として有名で、美しい自然景観や美術館が点在。
  1. 豊かな自然
  • 神奈川県には、海や山が近くにあり、湘南のビーチや丹沢山地でのハイキングが楽しめます。
  1. 文化と歴史
  • 鎌倉や小田原は歴史的な町並みが残り、豊富な歴史遺産を感じることができます。

メリット

  1. 交通の利便性
  • 東京都心からのアクセスが良好で、電車や高速道路で簡単に行けるため、通勤や観光に便利です。
  1. 経済とビジネス
  • 横浜は日本有数のビジネス都市であり、多国籍企業の拠点が多数存在します。
  • 港湾都市としての横浜港は貿易の重要拠点となっており、経済活動が活発です。
  1. 教育と医療
  • 神奈川県には、数多くの優れた教育機関や医療施設があり、住環境が整っています。
  1. レジャーと生活環境
  • レジャー施設やショッピングモールが充実しており、生活の質が高いです。
  • 海や山に近い自然豊かな環境で、リラックスした生活が楽しめます。

神奈川県は、観光、ビジネス、生活の全てにおいてバランスの取れた地域であり、多様な魅力とメリットがあることが特徴です。

そんな神奈川県では東部と西部は地域性の違いがあります。東部は東京に近く人口も多く近代的で様々な産業が盛んであり、生活に不便のない地域であり、名産品も沢山あります。西部も生活に困らない地域ですが、観光色が色濃くでる地域であり都会と田舎が同時に感じられる地域であります。

そんな地域性の違いのある神奈川県の名産品を東部と西部に分けてみました。東部と西部の名産品の違い、特色がわかると思います。ぜひご覧になってください。

まとめ:飯田商店が『まずい』⁇小田原人の実食と予約のコツ

しょうゆらぁ麺とシューマイ

飯田商店の料理が「まずい」と噂されることもありますが、地元民の中には、その独特の味を楽しむ声も少なくありません。食は好みが分かれるところ。店を訪れる際には、ぜひ個人の好みに合うか試してみることをお勧めします。一方で、予約のコツに関しては、平日の早い時間帯に電話するとスムーズに行くことが多いです。料理の予約も可能ですので、特定のメニューを楽しみにしている方は事前の予約をお忘れなく。この店は分かりにくい場所にありますが、訪れる価値はあると思われます。ぜひ一度、飯田商店の味を確かめに足を運んでみてください。

また、飯田商店の予約コツや取り寄せガイドを通じて、美味しい食材を手に入れるための情報を提供しました。予約や取り寄せする際は、タイミングや注意点に気をつけ、口コミの裏にある商品の特徴を把握して選ぶことが重要です。価格に見合う味の秘密を知り、購入することで満足のいく食体験ができるでしょう。また、よくある質問に対する回答も参考にしてください。飯田商店の予約や取り寄せがスムーズに行えるよう、この情報を活用してください。

国内最大級の旅行サイト【楽天トラベル】で有意義な旅行計画を。楽天経済圏の方はもとより、ポイント還元がありお得に旅行ができます。

目次