\ 最大15%ポイントアップ! /

箱根湯本の食べ歩きマップ! 小田原人がグルメスポットをご紹介!

※アフィリエイト広告を利用しています

箱根湯本駅

箱根湯本は、箱根の玄関口として観光客に人気のエリアです。小田原より箱根登山鉄道へ乗り換えて約10分ほど、車では小田原厚木道路、西湘バイパスより国道1号線で約5分ほどです。箱根のさまざまな観光スポットにアクセスができます。

また、箱根湯本駅周辺には、温泉旅館や飲食店、お土産店などが多数あり、散策やショッピングを楽しむこともできます。

箱根湯本の魅力のひとつとして、食べ歩きグルメがあります。温泉場の雰囲気を感じながらの食べ歩きは季節にかかわらず格別の時間と体験になるでしょう。駅前の商店街には、できたての温泉まんじゅうやティラミス、揚げかまぼこや湯葉など、スイーツからおかずまで、さまざまな味わいが揃っています。今回は、箱根湯本でおすすめの食べ歩きグルメスポットと、そのマップを隣町の小田原人がご紹介します。

目次

箱根湯本の食べ歩きマップ! 小田原人が食事グルメをご紹介!

はつ花そば本店

はつ花そば本店

はつ花そば本店は、箱根湯本本駅から徒歩約5分の場所にある自然然薯そばのお店です。

自然然薯そばとは、水を一切使わずに、そば粉、自然然薯(じねんじょ)、卵だけで作るそばのことです。自然然薯は山中から掘り出された山芋で、消化吸収が良くてミネラルやビタミンも豊富です。

箱根はつ花そば本店では、この自然然薯そばをさまざまな味にアレンジして提供しています。

「山かけ蕎麦」は、自然然薯と山芋ををを炒めてからそば粉で作ったもので、とろろとした食感が特徴です。『とろろそば』は、とろろの味が濃く旨味も強い、麺つゆは濃すぎず良いカツオの風味がマッチしてます。

とろろそば

箱根湯本駅から徒歩約5分という好立地にある箱根はつ花本店では、美味しい自然然薯そばを楽しめます。

小田原と南足柄に別店舗があります。本店は混むので帰り際に別店舗ではつ花そばを味わうのも一手です(個人的には1番空いている南足柄店がオススメ)

湯葉丼 直吉

湯葉丼 直吉

湯葉丼 直吉は、箱根湯本駅から徒歩5分のところにある、湯葉の専門店です。こちらでは、箱根の名水で作った湯葉をその場で食べることができます。湯葉は、豆乳の風味が豊かで、なめらかな食感があります。湯葉丼は、湯葉を温かいご飯の上にのせて、出汁や醤油などの調味料をかけて食べるものです。湯葉丼は、あっさりとした味わいで、ヘルシーです

湯葉丼直吉は、豆腐や湯葉を使った料理が自慢のお店で、特に湯葉丼と湯葉刺しが人気です。

湯葉丼は、かつお出汁をたっぷり吸った湯葉と卵が絶妙なバランスで、とろけるような食感が楽しめます。

湯葉丼 直吉のメニュー

湯葉刺しは、大平台の名水「姫の水」で作られた新鮮な湯葉を、ポン酢やわさびでさっぱりと味わえます。

店内は、旅館のような落ち着いた雰囲気で、座敷席やテーブル席があり、家族やカップルにもおすすめですね。

箱根かれ一心

箱根かれ一心

箱根かれ一心は、箱根湯本駅から徒歩約5分の場所にある、スパイスカレーの専門店です。スパイスカレーは、インドやタイなどのカレーとは違って、日本のカレーにスパイスを加えたもので、辛さや香りが特徴です。

カレーは、熱々の鉄鍋に入って出てくるので、最後まで温かく食べられます。

カレーには、豚の角煮やチョリソーなどの具材がたっぷり入っていて、ボリュームがあります。

スパイスの香りや辛さがクセになります。

心スペシャル

さまざまな具材を混ぜたカレーがありますが、中でも角煮やカツ、温泉玉子などがトッピングされた「心スペシャル」が人気です。

また、紫黒米入りのヘルシーなご飯や、玉簾の滝の「延命の湧き水」を使用したカレーもおすすめです。

食事処『春夏秋冬』

食事処春夏秋冬

食事処春夏秋冬は、甘味処と海鮮料理のお店です。箱根湯本駅から徒歩3分の場所にあります。お店の名前は、四季折々の食材を使った料理を提供するというコンセプトに由来しています。

お店の看板メニューは、当日につき上がったお餅を好みのあんで楽しめる「究極のもちセット」です。りんごあん、ずんだあん、くるみあんなど、季節によって変わる種類のあんが選べます。お餅はもちもちとした食感で、あんは甘さ控えめで上品な味わいです。

究極のもちセット

賞味期限10分らしいですが、究極のもちセットを実際に食べてみると お餅は冷めると硬くなってしまうので、 つきたての美味しさを味わうためには、 早めに食べるのがベストです。 お餅はふわふわもちもちで、 あんはそれぞれ違った風味で、 どれも美味しくそして濃厚でした。 お餅とあんの組み合わせは自由に選べるので、 いろいろな味の楽しみ方ができます。 お餅好きにはたまらない一品です(あまりの餅の弾力に驚くほどでした)

箱根自然薯 山そば

箱根自然薯 山そば

箱根湯本にある箱根自然薯 山そばは、地元の自然然薯を使ったた独特の蕎麦店です。店内は古民家風で、温かみのある雰囲気です。おすすめのメニューは、キノコたっぷりの山茸そばや、自然然薯たっぷりのとろろそばです。天ぷらもサクサクで美味しいですよ。

箱根自然薯 山そばのメニュー

山茸そばは色々なキノコがたっぷり入ってヘルシーです。天丼は大きな海老が2本ついていてボリュームがあるのにサクサクで美味しいです。

麺処 彩sai

麺処 彩sai

箱根湯本には、鯛らーめんを提供する「麺処 彩sai」というお店があります。このお店は、箱根湯本駅から徒歩1分ほどの場所にあり、鯛の出汁を使ったあっさりしたスープと細麺が特徴です。鯛らーめんセットは、麺を食べた後に鯛めし焼きおにぎりを入れて鯛茶漬け風に楽しめるという人気のメニューです。

麺処 彩のメニュー

「麺処 彩」は、鯛の出汁を使ったラーメンが人気のお店です。鯛らーめんセットは、鯛ラーメンと鯛めし焼きおにぎりがセットになっていて、一杯で二度美味しいです。鯛ラーメンは、鯛の風味がしっかり感じられるあっさりしたスープと細麺が絶妙に合います。鯛めし焼きおにぎりは、鯛の出汁が染み込んだお米を香ばしく焼いてあり、そのままでも美味しいですが、鯛ラーメンのスープに入れて鯛茶漬け風にすると、また違った味わいになります。箱根湯本で温泉に入った後に、鯛らーめんでほっこりするのはいかがでしょうか。

湯本 ハイカラ中華 日清亭 本店

日清亭本店

箱根湯本にある湯本 ハイカラ中華 日清亭 本店は、老舗の中華料理店です。手打ちのちぢれれ麺や角角煮ラーメンなどが人気で、味はしっかりしています。お店は駐車場に2台分あり、近くにコインパーキングもあるので、車で来られる方に便利です。落ち着いた雰囲気で食事ができますし、座敷席もあります。

日清亭のメニュー

メニューはシンプルですが、満足感があります。特に手打ちのちぢれれ麺はボリュームがあって美味しいと評判です。角角煮ラーメンもインパクト抜群で好評です。他にも揚げワンタンやオムライスなどの中華料理や、焼売やや麻麻婆豆豆腐などの和食もあります。ビールとの相性も良いです。国道1号線から一本裏通りにあるので場所が少しわかりにくいかもしれません。箱根湯本駅より北側線路沿いになります。

箱根BOOTEA

箱根BOOTEA

箱根BOOTEAは、豚丼と紅茶の専門店で、2018年12月にオープンした新しいお店です。箱根湯本駅から徒歩約5分の場所にあります。看板メニューは、和豚もち豚のリブロースを使った温玉BOO丼で、甘辛いタレとチーズ、温玉がトッピングされています。他にもタコライスや生姜焼き定食などの豚肉料理や、オリジナルの茶葉を使ったアールグレイや紅茶スイーツもあります。

箱根BOOTEAのメニュー

お店は駐車場がないので、車で来る場合は近くのコインパーキングを利用する必要があります。また2階に座敷席があり、落ち着いた雰囲気で食事ができます。

このお店はメイン通りから離れた落ち着いた空間にありますよ。

箱根湯本の食べ歩きマップ! 小田原人がひと口グルメをご紹介!

手焼堂箱根湯本店

手焼堂箱根湯本店

手焼堂は、店先で丁寧に焼き上げられたおせんべいを食べることができるお店です。中でもハート形の大きなおせんべいは、カップルで分け合って食べる姿も見られます。あらかじめ食べやすい大きさに割られたぬれかりせんべいは、袋に入れてくれるのでお持ち帰りもできます。おせんべいは、中まで醤油がしみこんだ甘辛い味つけで、香ばしい香りに誘われて手が止まらなくなります。

手焼堂の焼き物

揚げたて工房 籠屋清次郎

揚げたて工房 籠屋清次郎

籠屋清次郎は、箱根湯本駅から徒歩1分のところにある、揚げかまぼこの老舗です。こちらでは、店頭で揚げたてのかまぼこをその場で食べることができます。かまぼこは、小田原の新鮮な魚を使って作られており、ふわふわとした食感と甘みがあります。揚げたては、外はカリッと中はふわふわで、熱々です。お好みで、醤油や塩、わさびなどの調味料をつけて食べることができます。

揚げかまぼことは、かまぼこを油で揚げたもので、さくさくとした食感とジューシーな味わいが特徴です。

籠屋清次郎の串棒

籠屋清次郎では、さまざまな具材を混ぜた揚げかまぼこを販売しています。

  • 「かに棒」は、かにの身を入れた揚げかまぼこで、甘みと風味が楽しめます。
  • 「たまねぎ棒」は、たまねぎを入れた揚げかまぼこで、シャキシャキとした食感が楽しめます。
  • 「えび棒」は、えびを入れた揚げかまぼこで、プリプリとした食感が楽しめます。
早川を見ながら玉ねぎ棒

ピコット 湯本駅前店

ピコット 湯本駅前店

ピコット 湯本駅前店は、箱根湯本にあるベーカリー&スイーツショップです。箱根湯本で有名な富士屋ホテルのカレーが駅前にて味わえます。こちらのお店では、食パンやクロワッサン、カレーパンなどが人気です。食パンは「ふわふわで美味しい」です。 また、カレーパンも「カリッとした食感が良い」です。購入した後は、裏手の早川を見ながらゆっくりと味わうのがオススメですよ。

富士屋ホテルのカレーパン

親方ハンバーグ箱根店

親方ハンバーグ箱根店

お店の看板メニューは、炭火で焼き上げた「火炙りハンバーグ」です。単品600円、ポテトとセットで700円で提供されます。ハンバーグは鶏肉と豚肉を使った柔らかなもので、特製のソースがかかっています。このソースが美味しいと評判で、瓶で販売もしています。

親方ハンバーグ箱根店は、食べ歩き専用のハンバーグ屋さんです。箱根湯本駅から徒歩3分の場所にあります。お店の名前は、店主が元相撲部屋の親方だったことに由来しています。

火炙りハンバーグ

私は、火炙りハンバーグとポテトのセットを注文しました。このセットは、700円で提供されます。ハンバーグは炭火で焼き上げられて、目の前で特製のソースをかけてくれます。このソースがとても美味しいのです。鶏肉と豚肉を使ったハンバーグは柔らかくてジューシーで、ソースとの相性が抜群でした。ポテトも揚げたてでサクサクで、塩気が効いていました。お店の人も感じが良くて、丁寧に対応してくれました。

箱根湯本の食べ歩きマップ! 小田原人がスイーツグルメをご紹介!

箱根てゑらみす

箱根てゑらみす

箱根唯一のティラミス専門店が箱根てゑらみすです。こちらでは、箱根の麓にあるそうけい珈琲で焙煎されたコーヒー豆を使った5種類のボトルティラミスや、食べ歩きにもぴったりのティラミスソフトなどが楽しめます。ボトルティラミスは、箱根にゆかりのある素敵な3人のおじさまをモチーフにしたパッケージが可愛らしく、お土産にも喜ばれます。ティラミスソフトは、エスプレッソのビターな味わいと濃厚なミルクのコクがマッチした、大人のためのソフトクリームです。

ボトルティラミス
箱根てゑらみす店内のショーケース

菊川商店

菊川商店

菊川商店は、昭和初期に創業し、当時から変わらない味が愛され続けている饅頭店です。店頭の機械で焼き上げられるカステラ焼きまんじゅうは、自家製の白餡をふんわりとしたカステラ生地につめこんだお店の看板商品です。その場で頂くできたては、外はカリッと中はふんわりで、はこねという焼き印がレトロでかわいいです。賞味期限は4日なので、お土産にももちろんできます。

カステラ焼きまんじゅう

城下町プリン 箱根湯本店(箱根 春風楼)

城下町ぷりん 箱根湯本店

箱根 春風楼は、小田原のプリン専門店「城下町プリン」の姉妹店です。卵形の容器に入った可愛らしいプリンは、オープン以降、完売続出です。定番のむかしぷりんをはじめ、湘南トマトや小田原みかん、味噌など、この食材をプリンに! と驚くような変わり種もあります。プリンは、ふるふるとした食感となめらかな口どけが特徴で、素材の風味がしっかりと感じられます。

箱根 春風楼は、箱根湯本駅から徒歩4分の場所にあるスイーツのお店です。

こちらのお店の特徴は、卵型の容器に入ったプリンです。 さまざまなフレーバーのプリンがありますが、中でもトリュフが入ったプリンや小田原レモンヨーグルトレモンのプリンが人気です。

城下町ぷりん

また、黒糖わらび餅ラテというドリンクもおすすめです。わらび餅が入ったラテは、甘さとほろ苦さのバランスが絶妙です。

箱根焙煎珈琲

箱根焙煎珈琲

箱根焙煎珈琲は、箱根の水と豆で淹れた珈琲が味わえるお店です。こちらでは、珈琲牛乳ソフトが人気で、多い日は1日1000個も売り上げるとか。珈琲牛乳ソフトは、珈琲の香りと牛乳の甘さがバランスよく調和した、ほろ苦い大人のためのソフトクリームです。珈琲好きにはたまらない一品です。

箱根焙煎珈琲の店内

丸嶋本店

丸島本店
店内の箱根温泉まんじゅう

丸嶋本店は、神奈川県足柄下郡箱根町湯本にある和菓子屋さんです。 こちらのお店では、黒蜜を練り込んだ薄皮の生地の中に、こしあんがたっぷり入った「箱根温泉まんじゅう」が人気で、またソフトクリームも美味しいですよ。

箱根温泉まんじゅう

丸嶋本店の「箱根温泉まんじゅう」は「上品な甘さのなめらかなこし餡」です。また、ソフトクリームも濃厚で美味しいですよ。

Hakone Dolce studio STELLA

箱根ジェラート

箱根ジェラートは、箱根湯本駅から徒歩3分ほどの場所にある「HAKONE DOLCE STUDIO STELLA」というお店の商品名です。このお店では、自家製のジェラートを様々なフレーバーで提供しています。特に人気なのは、パイ生地のようなカップに入ったジェラートで、サクサクとした食感が楽しめます。

人気のジェラート

ジェラートは、パイ生地のようなカップに入っていて、サクサクとした食感が楽しめます。ピスタチオは、香ばしくて甘い味で、クアトロ・ホルマッジは、チーズの濃厚さと微かな塩気で、ピザのような味わいでした。ジェラートの素材の旨味がしっかり感じられて、とても美味しかったです。箱根湯本で温泉に入った後に、ジェラートでさっぱりするのはいかがでしょうか。

まんじゅう屋・菜の花

まんじゅう屋 菜の花

箱根のお月さまは、温泉まんじゅうとして有名な和菓子です。箱根湯本駅や小田原駅などで販売されていますが、ここでは1個からバラ売りもしています。

箱根のお月様

箱根のお月さまは、黒黒糖と茶色のあんこが入ったた薄皮とふわふわしたた餡子です。黒黒糖は沖沖縄産で、茶色のあんこは北海道産です。黒黒糖はしっかりとした食感で、あんこは甘さ控えめで上品です。皮とあんこのバランスが絶絶妙で、食べるごとに溶けてしまいます。

要約すると

  • 箱根湯本駅から近くてアクセスしやすい
  • 豊富な種類やサイズがあって選ぶ楽しい
  • 価格もリーズナブルでコスパが高い
  • 良質な材料や製法で作られている
  • 他にも「月のうさぎ」「ご黒うさん」「焼モンブラン」など美味しい和菓子がある。

はこね 和菓子菜の花

箱根湯本菜の花

箱根湯本菜の花は、温泉まんじゅうや焼きモンブランなどの和菓子や洋菓子を販売する老舗のお店です。箱根湯本駅から徒歩約1分の場所にあります。特に人気なのは、黒糖や小豆などの素材にこだわった温泉まんじゅう「箱根のお月さま」で、もちもちの生地と上品な甘さが魅力です。他にも栗のパイやバームクーヘンなどの焼き菓子もあります。

  • お店は駅から近くてアクセスしやすい
  • お店は試食をさせてくれるので、好みの味が選べる
  • お店の商品は日持ちしないので、新鮮で安心
  • お店の商品は値段も手頃で、お土産にも自分用にも良い
  • お店の商品は美味しいという声が多く、喜ばれる

箱根湯本の食べ歩きマップ! 歩き疲れたら湯本自慢の温泉に

箱根湯寮

箱根湯寮

箱根湯寮は、自然豊かな里山の温泉施設で、箱根湯本駅から無料送迎バスで約3分の場所にあります。大浴場や貸切露天風呂、サウナやロウリュなどの湯屋が充実しており、お湯のおもてなしを楽しめます。また、囲炉裏料理や魚料理などの食事処や、リラクゼーションサロンもあります。

かっぱ天国

かっぱ天国

かっぱ天国は、箱根湯本駅から徒歩3分の場所にある宿泊施設で、自家源泉の温泉と足湯を楽しめるレトロな雰囲気の宿です。小田原人もよく行くとてもリーズナブルな温泉です。

かっぱ天国 足湯

温泉は、加温、加水、循環、消毒なしの源泉かけ流しで、泉質はサイコーという声が多いです。

足湯は、ロマンスカーや箱根登山鉄道を眺めながら入れるので(駅裏になります)、旅情たっぷりです。

施設は、昭和8年(1933年)創業の老舗で、古くて汚いという意見もありますが、昭和のレトロな雰囲気を味わいたい人にはおすすめです。

サービスは、スタッフが少ないので期待しない方が良いという意見もありますが、フロントの方の対応は丁寧だという声もあります。

湯遊び処箱根の湯

箱根の湯

湯遊び処箱根の湯は、箱根湯本駅から徒歩約15分の場所にある日帰り温泉施設です。自家源泉の豊富な湯量で、気軽に温泉に浸かれます。入場料は大人1,100円、子供550円です。タオルやバスタオルの貸し出しもあります。湯治場のような雰囲気があり日帰り温泉に特化した温泉です。

箱根人、小田原人もよく利用します、観光客の引けた日曜日の夜などねらい目ですね。

まとめ:箱根湯本の食べ歩きマップ! 小田原人がグルメスポットをご紹介!

箱根湯本 えゔぁ屋

箱根湯本は、温泉だけでなく、食べ歩きも楽しめるエリアです。スイーツからおかずまで、さまざまな味わいが揃っています。箱根湯本で食べ歩きをするときは、隣町の小田原人が書いたこの記事でご紹介したおすすめのグルメスポットとマップが参考になれば幸いです。

箱根湯本では、歴史を感じさせる温泉街の風情と共に、様々なグルメスポットが訪れる人々を魅了しています。温泉だけでなく、食の楽しみも存分に提供してくれるこの地域は、旅の思い出をより豊かにします。老舗で味わう伝統の味、地元の素材を活かした新感覚のスイーツ、そして路地を歩きながら出会うこだわりの小さなお店。それぞれが独自の魅力を放ち、訪れる者に幅広い選択肢を提供します。箱根湯本の食文化を存分に楽しみたい方は、このグルメスポットマップをぜひ活用して、自らの足で一つ一つの味を探求し、旅の喜びを倍増させてください。この地でしか味わえない美食の数々が、旅の素晴らしい思い出となることでしょう。

目次