\ 最大11%ポイントアップ! /

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原人が考えた裏モデルコース

※アフィリエイト広告を利用しています

小田原城

小田原といえば、小田原城や報徳二宮神社などの有名観光スポットが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。しかし、実は小田原には、まだまだ知られていない魅力的なスポットがたくさんあります。そこで、小田原人である私が、あんまり人には教えたくない穴場をご紹介します。

有名どころは、人が多く疲れるし使うお金の単価も高い。だけど穴場なら人疲れも軽減され、ストレスなく堪能できるはずです。

そんな小田原の隠れた魅力を発見したい方は、ぜひこの記事を読んでみてください!多少マニアックな場所も含まれるので『裏の小田原』を体験できるかと思います。

目次

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原の海と山を堪能できる穴場

根府川駅の絶景

根府川駅からの景色

根府川駅から見える相模湾の海景色は、まさに絶景です。晴れた日には、青く澄んだ海に白い波が立つ様子が美しく、遠くには伊豆諸島の島々も見えます。また、日没時には、夕日が海に沈む様子も見ることができます。

江之浦測候所の絶景

江之浦測候所からの景色(当日は曇りでした)

江の浦測候所は、相模湾に面した断崖絶壁の上に建っています。そのため、建物の屋上や庭園から、相模湾の雄大な景色を一望することができます。晴れた日には、青く澄んだ海に白い波が立つ様子が美しく、遠くには伊豆諸島の島々も見えます。

土曜日10時00分~13時00分, 13時30分~16時30分
日曜日10時00分~13時00分, 13時30分~16時30分
月曜日10時00分~13時00分, 13時30分~16時30分
火曜日定休日
水曜日定休日
木曜日10時00分~13時00分, 13時30分~16時30分
金曜日10時00分~13時00分, 13時30分~16時30分
営業時間

西湘バイパス高架下『魔法の窓』からの景色

魔法の窓

小田原駅より徒歩15分、御幸の浜へ向かう途中の西湘バイパスの高架下に見える景色です。人工的な風景と自然の光が調和して、幻想的な景色に変化しています。

諏訪の原公園の景色

諏訪の原公園からの景色

諏訪の原公園は、足柄平野を一望できる高台に位置しています。そのため、園内にある展望台からは、足柄平野の広大な景色を楽しむことができます。春には新緑、夏には青空、秋には紅葉、冬には雪景色など、一年を通してさまざまな表情を楽しむことができ、富士山や丹沢、大山などを一望できます。

土曜日8時30分~17時00分
日曜日8時30分~17時00分
月曜日8時30分~17時00分
火曜日8時30分~17時00分
水曜日8時30分~17時00分
木曜日8時30分~17時00分
金曜日8時30分~17時00
営業時間

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原人が通うオススメできる穴場飯

デカ盛りの中華料理店『紫福庵』

紫福庵

小田原市役所近くにある中華料理店です。少し奥まった場所にありますが駐車場も完備していています。料理が早い、美味い、そして大きいです。市役所周辺は食事の店が多く、また美味しい店も多いです。

土曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
日曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
月曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
火曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
水曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
木曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
金曜日11時30分~15時00分17時30分~22時00分
営業時間

釜めし焼き鳥の『鳥ぎん』

鳥ぎん駅前店

小田原人が少し背伸びして来る店です。若い時は『鳥ぎん』で食べるのが目標でした。 地域に長く根付いた店のウリである『釜飯』と『焼き鳥』は一食の価値ありですよ。

土曜日11時30分~22時00分
日曜日11時30分~22時00分
月曜日11時30分~22時00分
火曜日11時30分~22時00分
水曜日11時30分~22時00分
木曜日11時30分~22時00分
金曜日(文化の日)11時30分~22時00分時間変更の可能性
営業時間

小田原地魚の『かなめ寿司』

かなめ寿司

早川や小田原駅前と違い『本当の小田原の地魚』を食べさせてくれる寿司屋です。限定ですがランチセット1000は破格の安さで地元民に支持されています。

土曜日11時30分~21時30分
日曜日11時30分~21時30分
月曜日11時30分~21時30分
火曜日11時30分~21時30分
水曜日11時30分~21時30分
木曜日11時30分~21時30分
金曜日11時30分~21時30分
営業時間

小田原と言えば『かまぼこ』ギフトになります↓

いつかは世界の『丼万次郎』

丼万次郎

小田原の内陸に位置しており、海から遠くにありますが連日混んでいる海鮮の店です。回転寿司のレーンに乗って運ばれてきます。小田原地魚がリーズナブルな価格でたべられます。

土曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
日曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
月曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
火曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
水曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
木曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
金曜日11時00分~15時00分17時00分~21時00分
営業時間

元力士が作るちゃんこの店『どすこい力士食堂』

力士食堂

小田原市中町にある『ちゃんこ料理』の店です。元力士が作るちゃんこ鍋は絶品で、その他サイドメニューも『デカ盛り』です。

土曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
日曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
月曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
火曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
水曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
木曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
金曜日11時00分~13時30分17時00分~21時30分
営業時間

レトロな店内に時を忘れる『COFFEE HOUSE 砂時計』

COFFEE HOUSE 砂時計

小田原市役所より徒歩5分、足柄駅より徒歩10分にあります。お客さんはほぼ近隣の常連でレトロな店内には砂時計が置かれています。『半々ランチ』が1番人気な昔からの純喫茶です。

土曜日11時00分~20時00分
日曜日11時00分~20時00分
月曜日11時00分~20時00分
火曜日定休日
水曜日11時00分~20時00分
木曜日11時00分~20時00分
金曜日11時00分~20時00分
営業時間

超穴場!開いていたらラッキー?『純喫茶 途上園』

純喫茶 途上園

『入口はどこ?』と迷う感じもまた魅力の純喫茶です。かまぼこ通りの東側にあります、不定期休日なので営業日を確認してからの来店が必須です。

営業時間→不定休、不定時間にて問い合わせ必須です。

小田原でアイスと言えば『小田原牧場アイス工房』

小田原牧場アイス工房

小田原の外れ、曽我梅林近くにあるアイスクリームの専門店です。特製のジェラートが人気で夏場は混み合います。また、成田にある『朝ドレファーミ』でも購入できます。

土曜日10時00分~17時00分
日曜日10時00分~17時00分
月曜日10時30分~16時30分
火曜日10時30分~16時30分
水曜日定休日
木曜日10時30分~16時30分
金曜日10時30分~16時30分
営業時間

小田原人御用達『西湘菓子工房 樫の樹』

西湘菓子工房 樫の樹

小田原市栢山にある洋菓子店です。パティシエの腕が良く、地元民からの信頼が厚い洋菓子店で、クリスマス時期など予約が必須の洋菓子店です。

土曜日9時30分~18時00分
日曜日9時30分~18時00分
月曜日9時30分~18時00分
火曜日9時30分~18時00分
水曜日定休日
木曜日9時30分~18時00分
金曜日9時30分~18時00分
営業時間

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原を楽しむ遊べる穴場

白糸川の自然を満喫!『白糸ます釣りセンター』

白糸ます釣りセンター

根府川にある清流の白糸川でバーベキュー、ます釣りが楽しめる場所です。根府川地区の自然の秘境感もまた魅力のます釣り場です。

土曜日9時00分~17時00分
日曜日9時00分~17時00分
月曜日9時00分~17時00分
火曜日9時00分~17時00分
水曜日9時00分~17時00分
木曜日9時00分~17時00分
金曜日9時00分~17時00分
営業時間

根府川の自然を楽しむ!『きのこ苑お山のたいしょう』

きのこ苑お山のたいしょう

根府川にある『きのこ狩り』や『みかん狩り』『タケノコ狩り』や食事、バーベキューができる場所です。山の中腹にあり穴場感満載です。

土曜日10時30分~15時00分
日曜日10時30分~15時00分
月曜日10時30分~15時00分
火曜日10時30分~15時00分
水曜日定休日
木曜日定休日
金曜日10時30分~15時00分
営業時間

久野川上流にあるバーベキュー施設『峯自然園』

峯自然園

広域農道から久野川に沿ってひたすら登って行くとあります。バーベキュー、ます釣りが手ぶらでできるセットも用意されています。小田原市民には馴染みのバーベキュー場でシーズン中は予約で混み合います。

土曜日10時00分~17時00分
日曜日10時00分~17時00分
月曜日定休日
火曜日定休日
水曜日定休日
木曜日10時00分~17時00分
金曜日10時00分~17時00分
営業時間

長いローラー滑り台で遊ぼう!『諏訪の原公園』

諏訪の原公園のローラー滑り台

絶景と子供が楽しめる遊具があります。市民が散歩をしたり運動をしたりするのに適した公園です。長い滑り台があり大人、子供ともにスリルを味わえます。

土曜日9時00分~16時30分
日曜日9時00分~16時30分
月曜日9時00分~16時30分
火曜日9時00分~16時30分
水曜日9時00分~16時30分
木曜日9時00分~16時30分
金曜日9時00分~16時30分
営業時間

小田原市いこいの森 RECAMP おだわら

いこいの森

子供が遊べる有名場所『わんぱくらんど』から少し降りた場所にあります。キャンプ、バーベキュー、バンガローでの宿泊もでき施設には装備が整っています。

営業時間→RECAMP おだわら| 株式会社Recampにて確認を。

小田原でイチゴ狩り体験を!『ベリーの郷 小田原』

ベリーの郷 小田原

市内栢山、酒匂川近くにてある『イチゴ狩り』のできる場所です。何種類かのイチゴの食べ比べもできます。イチゴ好きにはたまらない場所です。時期によっては閉演している場合があります、営業時間等ご注意ください。

土曜日10時00分~15時00分
日曜日10時00分~15時00分
月曜日定休日
火曜日10時00分~15時00分
水曜日10時00分~15時00分
木曜日定休日
金曜日10時00分~15時00分
営業時間

観光に疲れたら創業80年の銭湯『中島湯』で

中島湯

創業80年、小田原市民を戦前から見守った歴史ある銭湯です。オシャレな日帰り温泉施設とは一線をおく『昭和テイスト』が味わえる銭湯です。

土曜日15時30分~20時30分
日曜日15時30分~20時30分
月曜日15時30分~20時30分
火曜日定休日
水曜日15時30分~20時30分
木曜日15時30分~20時30分
金曜日15時30分~20時30分
営業時間

小田原観光の穴場だけを紹介!観光の最後に穴場の夜景

歴史の証人?石垣山一夜城跡の夜景

一夜城の夜景

秀吉の北条小田原攻めで名高い石垣山一夜城跡です。昼の景色が夜になると湘南方面の夜景がきれいにみえます。街灯などがないので運転の際はご注意ください。

小田原定番の穴場、田島の夜景

田島の夜景

梅林全体を見下ろし、その後ろに雄大な 富士山というなかなかの絶景です。夕暮れ時からの富士山と夜景は見ごたえがあります。駐車場がないので迷惑にならないように鑑賞願います。

富士山、丹沢、大山と夜景の諏訪の原公園

諏訪の原公園からの景色

富士山、丹沢、大山が見通せる景色の夜景です。駐車場が18時までなので、それ以降は近隣に停める必要性があります。

小田原観光の穴場だけを紹介!歴史や地域の見どころ場所

小田原城の総構は小田原城の裏の歴史である

総構

小田原城の総構(そうがまえ)は、小田原北条氏が豊臣秀吉との合戦に備え、天 正18年(1590)までに、小田原城とその城下を囲って築いた総距離9Kmにも及ぶ大規模な堀と土塁による要塞の跡です。 豊臣軍21万、北条軍3.4万と圧倒的な不利の中を勝ち抜くための秘策が総構。歴史と自然が融合した壮大で「映える」歴史遺構です。それぞれに役割があり歴史の深さをまなべます。歴史好きな方、小田原城について詳しく知りたい方はうってつけの場所ですよ。

詳しくは小田原市役所のページを参考にするとわかりやすいです↓

https://www.odawara-kankou.com/tour/hajimete-sougamae.html

小峯御鐘ノ台大堀切東堀

本丸へと続く八幡山丘陵(はちまんやまきゅうりょう)の尾根を分断して構築されたものです。

三の丸外郭新堀土塁

三の丸外郭新堀土塁

早川口遺構

二重外張(ふたえとばり)と呼ばれる土塁と堀を二重に配して防御を固めた場所で、小田原北条氏時代には小田原城総構の虎口(お城の入り口)

蓮上院土塁

豊臣秀吉の小田原攻めの際に小田原北条氏が築いた総構の一部で、早川口遺構とともに小田原城総構の中でも低地部にある遺跡です。

稲荷森

総構の中でも最も良好に遺構が残っている場所のひとつです。写真でみるより実際は迫力があります。

総構 稲荷森

城下張出

総構に取り付く敵兵に横から攻撃を仕掛けることができるという効果を生んだ場所です。

山ノ神堀切

山ノ神堀切

小田原城の北側を守る重要な堀で、小田原城の西端で一部が総構と重なる位置にあり、前方には、豊臣秀吉の陣城である石垣山(一夜城)、細川忠興の陣場である富士山砦(板橋城)を眺望することができます。

小田原観光の穴場だけを紹介!地域に根付く穴場の場所

ZOZOの前経営者前澤氏も訪れた『根府川石材加工場』

根府川石

根府川地区から採掘される石は『板状節理と呼ばれる』美しい石として重宝されパワーストーンや箸置きなど、加工され販売されています

土曜日定休日
日曜日定休日
月曜日8時00分~16時30分
火曜日8時00分~16時30分
水曜日8時00分~16時30分
木曜日8時00分~16時30分
金曜日8時00分~16時30分
営業時間

一般住宅から観光スポットへ『ざる菊園』

ざる菊園

久野の広域農道を上がって行くと個人宅での趣味から始まり、年々菊の数が増えて行き、同時に訪れる人も増えて行った、市民の『創作菊花展』です。

土曜日9時00分~17時00分
日曜日9時00分~17時00分
月曜日9時00分~17時00分
火曜日9時00分~17時00分
水曜日9時00分~17時00分
木曜日9時00分~17時00分
金曜日9時00分~17時00分
営業時間

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原人が配ると喜ばれるお土産

あんぱんが有名『守屋のパン』

守屋のパン

小田原駅前東口徒歩2分にある『あんぱん』で有名な店です。『柳家ベーカリー』と共に小田原を代表する、あんぱんが有名な店ですが実は市民にはクリームパンのほうが人気です、クリームパンを穴場とさせてください。

営業時間→不定休、不定時間にて問い合わせ必須です。

守谷と双璧のあんパンの老舗『柳家ベーカリー』

柳家ベーカリー

『守屋のあんぱん』と人気を2分する店です。開店時間が短く、すぐに売り切れるので穴場と言うより『幻』に近くなってきています。あんぱん専門店なので色々な種類のあんぱんがあります。

営業時間→不定休、不定時間にて問い合わせ必須です。

小田原市民に人気のパン屋!『ランドローフ』

ランドローフ

成田にある市民に支持されているパン屋です。全てのパンが人気で種類も豊富なので飽きません。市民は当然の店ですが観光客には『穴場』だと思います。この店に観光客が来たらかなりの『小田原通』です。

土曜日9時00分~19時00分
日曜日9時00分~19時00分
月曜日9時00分~19時00分
火曜日9時00分~19時00分
水曜日定休日
木曜日9時00分~19時00分
金曜日(文化の日)9時00分~19時00分時間変更の可能性
営業時間

小田原土産でハズさない菓子店『どらやき屋 菜の花』

どらやき屋 菜の花

国道1号線小田原市民会館交差点の近くにあります。どら焼きの大きな看板が見えるのでわかりやすいかと。小田原土産で家族連れに喜ばれる美味しいどら焼きです。

土曜日9時30分~17時30分
日曜日9時30分~17時30分
月曜日9時30分~17時30分
火曜日9時30分~17時30分
水曜日9時30分~17時30分
木曜日9時30分~17時30分
金曜日9時30分~17時30分
営業時間

曽我梅林脇にある梅干しの店『昇珠園

昇珠園

小田原牧場アイス工房近くにある梅干しの専門店です。小田原駅や駅前に梅干し屋は何軒かありますが、梅林に梅干し屋の梅干しは ひと味違いますよ。

土曜日10時00分~17時00分
日曜日10時00分~17時00分
月曜日定休日
火曜日定休日
水曜日定休日
木曜日定休日
金曜日10時00分~17時00分
営業時間

夏の観光や行楽地での暑さ対策品です。備えあれば患いなし?備えることで暑さから身を守りましょう。

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原人が考えた裏モデルコース おすすめ情報

小田原のお土産といえばコレ!

小田原かまぼこのおまかせセットです。詰め合わせなので色々な種類が味わえます。おまかせだけに中身は見てのお楽しみ?ですかね。

小田原のふるさと納税(お得です!)

小田原土産の定番商品、菜の花です。小田原観光の際に喜ばれる土産物として地位を確立しています。食べやすい味わいで大人から子供に至るまでの人気商品です。

小田原へのおすすめ旅行サイト(楽天トラベル)

国内最大級の旅行サイト【楽天トラベル】で有意義な旅行計画を。楽天経済圏の方はもとより、ポイント還元がありお得に旅行ができます。

安心して小田原観光ができる便利旅行グッズも携帯しよう(あると便利)

ハイエストコモンファクトリー(HighestCommonFactory)
¥893 (2024/05/26 04:42時点 | Amazon調べ)

国内最大級の旅行サイト【楽天トラベル】で有意義な旅行計画を。楽天経済圏の方はもとより、ポイント還元がありお得に旅行ができます。

旅行の検討、予約は【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルをご覧になると便利ですよ。

小田原観光の穴場だけを紹介!小田原人が考えた裏モデルコース まとめ

小田原城

いかがでしたでしょうか?小田原の穴場を小田原人が深くエグってみました。

小田原で見る、楽しむ、食べる、癒す、お土産まで『穴場』で揃えてみましたが、人によっては『そんなの知ってるよ』とか思う場所もあるかもしれませんが、多少の横幅はご容赦ください。

個人的に1番のオススメなのは、やはり『小田原城の総構』です。

実際の総構をみると写真と違うダイナミックさと歴史の深さを知れると思います。小田原城の外郭を知ることによって小田原と言う街の偉大さを小田原人ながら教えられました。

歴史好きな人が歴史にハマる理由が少しわかったような気がします。城と言う表面だけでなく総構と言う裏側に成り立ちがあることを観て、知っていただけると小田原の本当の良さをわかっていただけると思います。

多岐にわたり穴場を説明させていただきましたが、小田原観光の際に少しでも参考になれば幸いです。

小田原観光の定番スポットもいいけど、もうちょっと違うものも見たい!そんな方におすすめの、小田原の穴場スポット特集でした。

目次