小田原漁港の食べ歩きマップ!小田原人から見た早川漁港とは?

※アフィリエイト広告を利用しています

小田原漁港

小田原漁港は、神奈川県西部にある相模湾に面した漁港で、日本一駅から近い港として知られています。この漁港では、新鮮な魚や海産物が水揚げされ、その一部は近くの飲食店や市場で提供されています。小田原漁港の周辺には、海鮮料理を楽しめるお店がたくさんあり、食べ歩きをするのに最適なスポットです。

「小田原漁港で何を食べよう?」と迷っている方のために、ブログ筆者である小田原人目線で食べ歩きマップを考察してみました。

あくまでも『地元民の小田原人が行く店』です。地元民はやっぱり全体的なバランスを考慮しますね。それを踏まえてご覧ください。

小田原漁港の食べ歩きマップは市内で配布されています。↓

https://www.seibushokudo.com/wp-content/uploads/2023/10/8fa83404466b8de0db5a42aa2c6cbae3.pdf

目次

小田原漁港の食べ歩きマップ!まずは小田原漁港を知ろう!

小田原漁港の概要

小田原提灯

小田原漁港は、早川駅からすぐの位置にあり、日本一駅から近い港として知られています。漁港には海鮮の飲食店が20軒以上あり、それぞれが特色のある魚料理の店です。

漁業関係者が通う飲食店が多く存在し、早朝から営業している店もあります。

小田原漁港のアクセス方法

国道135号線からの入り口

小田原漁港は、JR東海道線の早川駅から徒歩2~3分のところにあります。早川駅は、東京から約1時間半、横浜から約1時間、箱根から約30分で行ける便利な場所にあります。早川駅から出てすぐに見えるのが、小田原ブルーウェイブリッジという高架橋です。この橋の下には、小田原提灯の形をした灯台があります。この灯台は、小田原漁港のシンボルとなっています。

小田原漁港には無料の駐車場もありますが、週末や祝日は混雑することが多いです。車で来る場合は、早めに到着するか、近くの有料駐車場を利用することをおすすめします。

小田原漁港で水揚げされる魚や海産物

小田原の地魚

小田原漁港では、相模湾で獲れるさまざまな魚や海産物が水揚げされます。特に有名なのが、アジです。アジは小田原の名物として知られており、アジフライやアジの刺身など様々な料理に使われます。他にもイワシやサバ、カツオやマグロなどの青魚や、カニやエビなどの貝類や甲殻類も豊富です。

小田原漁港では、水揚げされた魚や海産物をその場で買うこともできます。小田原場外市場 港の台所『なみ』や小田原水産会館などの施設では、刺身やフライ、煮物などの加工品や惣菜も販売されています。また、土日祝日には『朝市』が開催されており、新鮮な魚や野菜、果物などが安く手に入ります。

小田原漁港の食べ歩きマップ!小田原人が行く店3選 !

小田原人が行く小田原漁港の早朝営業の店『港の台所 なみ』

『港の台所 なみ』

座席数64席の広々とした大衆食堂。単品メニューにご飯セットを付ければ、魚や海藻など4種のご飯が食べ放題になるサービスが好評です。

なみ漬け丼

一番人気のなみ漬け丼をはじめ、高級魚として知られるオシツケアブラボウズ)が味わえるなみ海鮮丼など、小田原漁港で水揚げされた地魚を存分に堪能できます。早朝に漁港関係者、地元民が多いです。

営業時間

土曜日8時00分~15時30分
日曜日8時00分~15時30分
月曜日9時00分~15時00分
火曜日9時00分~15時00分
水曜日9時00分~15時00分
木曜日定休日
金曜日定休日

小田原人が行く小田原漁港の早朝営業の店『港のごはんやさん』

『港のごはんやさん』

小田原水産会館に店を構え、小田原をはじめ全国の旬鮮魚をリーズナブルに味わえます。丹精込めて揚げるアジフライは、サクッと頬張れば厚みのある身がフワッととろける魅惑のメニュー。プリプリ感がたまらないアジの刺身もおすすめです。

アジフライ

メイン通りから外れた場所だからと侮るなかれ。知る人ぞ知る逸店としての風格が漂います。

早朝は漁港関係者、地元民が多いです。とにかく『アジフライ、アジの刺身』ですね。

営業時間

平日6時半〜14時 日祝11時〜14時

小田原人が行く小田原漁港の店『魚市場食堂』

『魚市場食堂』

名物小田原丼は、地魚4種と甘エビ、ホタテ、スルメイカ、イクラなどの新鮮なネタが丼からはみ出さんぱかりの迫力満点メニュー。海鮮丼には汁物と小鉢も付いてお得です。

海鮮丼

5種類の地魚フライ盛合わせ定食や、エビ・アジのフライに金目鯛の煮つけが付いた大漁定食など、味とボリュームにこだわった定食も豊富に揃っています。10時開店直後が狙い目です、ただ少し金額は高めなのがマイナスポイント。

営業時間

土曜日10時00分~15時00分
日曜日10時00分~15時00分
月曜日10時00分~15時00分
火曜日10時00分~15時00分
水曜日定休日
木曜日10時00分~15時00分
金曜日10時00分~15時00分

小田原漁港の食べ歩きマップ!小田原人で噂になる店

小田原人で噂になる店『大原』

『大原』

こだわりのパン粉と油を使って揚げたアジフライは、大ぶりの身とサクフワ食感。専門業者から仕入れるソースとの相性も抜群です。一番人気の刺身3点とアジフライのセットをはじめ、自慢の揚げ物を堪能できるミックスフライ定食 (アジ・エビ・ホタテ)、三食丼(シラス・イクラ・ネギトロ) など、繁盛店の風格漂うメニューが目白押しの店です。

営業時間が短いのと、日曜日が休みなのでなかなか行けないのが難点です。

営業時間

土曜日11時15分~14時30分
日曜日定休日
月曜日定休日
火曜日11時15分~14時30分
水曜日11時15分~14時30分
木曜日11時15分~14時30分
金曜日11時15分~14時30分

小田原人で噂になる店『さじるし食堂』

『さじるし食堂』

水産仲卸のグループが運営する会社直営の食堂です。鮮度抜群の鮮魚、地元ブランド米「はるみ」、地元産の味噌・茶など、素材へのこだわりがあります。

またさじるし食堂には老舗「鮑屋」の売店が併設されており、人気の“王様の塩辛”や地魚を使用した“鯖のオイル漬け”などを購入する事が出来ます。売店のご利用だけも可能なので観光客には人気です。

名物半生アジフライ

また名物である『半生アジフライ』は一食の価値ありです。

営業時間

土曜日11時00分~16時00分
日曜日11時00分~16時00分
月曜日11時00分~16時00分
火曜日11時00分~16時00分
水曜日11時00分~16時00分
木曜日11時00分~16時00分
金曜日11時00分~16時00分

小田原人で噂になる店『ぎょギョ魚の三太郎』

『ぎょギョ魚の三太郎』

リーズナブルな価格を守り続ける地魚料理専門店。小田原自慢のアジを堪能できるアジ御膳セットは、身が締まったアジ刺しにサクサク食感のアジフライ、選べるメイン料理(三色井、アジうどん、アジまご茶漬け)など、その名に恥じないアジ尽くしのセットです。

豊富なメニュー

刺身やミニちらし、ミニにぎりにサラダ、デザートも付いた竜宮セットは女性におすすめ。アジを使ったメンチや春巻、餃子など、店主のアイデアが光る創作メニューが売りの店です。夜営業もしているので観光客が引いた後に食べる事ができます。

ホームページ

http://www.3tarou.jp/

営業時間

土曜日11時00分~14時00分17時00分~21時30分
日曜日11時00分~14時00分17時00分~21時30分
月曜日定休日
火曜日11時00分~14時00分17時00分~21時30分
水曜日11時00分~14時00分17時00分~21時30分
木曜日11時00分~14時00分17時00分~21時30分
金曜日11時00分~14時00分17時00分~21時30分

小田原人で噂になる店『かしわ水産』

『かしわ水産』

 

卸問屋直営ならではの、脂が乗った本場のマグロが味わえる専門店。看板メニューの頭身四点盛りは、牛肉のような食感のエラ身とホホ肉、中トロ並みにとろけるハチノミなど、スーパーなどではお目にかかれない希少部位を食べ比べできます。

メニュー表

他にも、大トロ等のまぐろの人気部位と希少部位のカマトロ・ハチノミの6種を詰め込んだ三昧丼も人気です。

ホームページ

https://www.kashiwasuisan.com/

営業時間

土曜日10時30分~14時30分
日曜日8時00分~14時30分
月曜日10時30分~14時30分
火曜日定休日
水曜日定休日
木曜日定休日
金曜日10時30分~14時30分

小田原人で噂になる店『漁港のTOTOCO

漁港のTOTOCO

漁港の駅 TOTOCOは、道の駅のような観光施設で、小田原漁港の入口にあります。ここでは、小田原漁港で水揚げされた魚や海産物を使った料理やスイーツが楽しめます。特に人気なのが『とと丸頂上丼』『おさしみビュッフェ』の海鮮です。

人気の小田原漁港プリン

また、TOTOCOでは、プリンやソフトクリームなどのスイーツも提供しています。小田原漁港で獲れたフルーツや野菜を使ったフレーバーがあり、季節によって変わります。

ホームページ

https://www.totoco-odawara.com/

営業時間

土曜日9時00分~17時00分
日曜日9時00分~17時00分
月曜日9時00分~17時00分
火曜日9時00分~17時00分
水曜日9時00分~17時00分
木曜日9時00分~17時00分
金曜日9時00分~17時00分

小田原漁港の食べ歩きマップ!小田原人から見た早川漁港 おすすめ情報

小田原のお土産といえばコレ!

小田原土産の『王道』である鈴廣のかまぼこなら間違いなしです。小田原に来てかまぼこ食べないで帰るのは吉野家で牛丼を食べないのと一緒です。小田原観光の必須事項ですよ。

小田原のふるさと納税(お得です!)

小田原で人気のふるさと納税です。魚の町小田原でローストビーフ?とお思いの方、実は毎年リピートがあるほどの人気の商品です。当然ふるさと納税(実質2000円)ですので所得税の還付、住民税の控除が受けられるので利用しない手はありません。お得です!

小田原へのおすすめ旅行サイト(楽天トラベル)

国内最大級の旅行サイト【楽天トラベル】で有意義な旅行計画を。楽天経済圏の方はもとより、ポイント還元がありお得に旅行ができます。

小田原漁港の食べ歩きマップ!小田原人から見た早川漁港 まとめ

小田原さかなセンター

小田原漁港の食べ歩きに参考に、地元民が通う店を紹介してみました。小田原漁港は観光地として確立されており、地元民は早朝や夜に小田原漁港に行くことが多いです。観光地であり昼間の混雑と渋滞をさける為に地元民が時間をズラすパターンが多いですね。

また、小田原人で噂になっている店(場所)も紹介しました。これは友人、知り合い、会社関係等、全て小田原近隣の人への聞き込みによるものです。紹介以外にも当然、美味しい店は存在します。小田原人にも認識されていない美味しい店を探すのも面白いかもしれませんよ。今回の記事がご参加になれば幸いです。

目次