大雄山最乗寺が怖い?初詣と都市伝説と地元民の情報!

※アフィリエイト広告を利用しています

大雄山最乗寺

大雄山最乗寺は、神奈川県南足柄市にある曹洞宗のお寺で、600年の歴史があります。紅葉や紫陽花などの美しい自然に囲まれていますが、天狗の高下駄や不動明王などの霊験あらたかなものも多く、パワースポットとしても有名です。しかし、その一方で、怖いと感じる人もいるようです。例えば、以下のような話があります。

奥の院まで続く階段は235段もあり、急で滑りやすいです。下りの階段は特に危険で、足を踏み外して転げ落ちそうになったり、何かに引っ張られるような感覚になったりすることがあると言われています。
お寺の境内には、天狗の高下駄がたくさん奉納されていますが、その中には巨大な鉄下駄もあります。この鉄下駄の下をくぐるとご利益があると言われていますが、一度くぐった人は、その後に体調を崩したり、不運に見舞われたりすることがあると言われています。
お寺の近くにある道路では、夜になると天狗の姿が現れたり、車が突然故障したり、事故が起きたりすることがあると言われています。
これらの話は、実際に起きたことなのか、噂や都市伝説なのかは分かりませんが、お寺には神聖なエネルギーが満ちているので、敬意を持って参拝することが大切だと思います。また、お寺には明るく気さくなお坊さんや、優しいおばあさんなどもいらっしゃるので、怖いだけではなく、楽しいと感じることもできると思います.

そんな噂なり都市伝説を地元民が解説してみたいと思います。年末年始や初詣など、これから最乗寺は混みあう時期になります(2023年12月現在)

せっかく来ていただく方々に不安なく安心して楽しんでもらえる最乗寺をご紹介いたします。

旅行の検討、予約は【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルをご覧になると便利ですよ。

目次

大雄山最乗寺が怖い?噂と地元民が語る真実

大雄山最乗寺の怖い噂と実際の大雄山最乗寺

大雄山最乗寺 本堂

大雄山最乗寺が舞台となる怖い噂は、実際に足を運ぶと不思議なほどに心安らぐ場所であることが明らかになります。地元民の間にも奇異な伝説は知られていますが、それらは古い時代の不確かな話や訪れる人々の心象を掻き立てるためのもので、現実の最乗寺の環境はこれとは大きく異なります。

理由として、この地で育まれた文化と歴史に裏打ちされた、神聖な雰囲気があります。実際に多くの訪問者がこの神聖さに触れ、平穏な気持ちを報告しているのです。

具体例を出すならば、最乗寺の本堂で感じられる落ち着きや周辺の自然美、また、参拝時の静寂など、恐ろしい場所という印象とは正反対の経験を提供します。

過去の怪談や不可思議な出来事について畏怖を抱く人もいるかもしれませんが、それらには具体的な根拠が乏しく、地元民の証言や現代の体験談は最乗寺の実際の姿とはかけ離れていることが多いです。

最終的に、大雄山最乗寺に関する怖い噂は、その歴史的な背景と美しい自然に抱かれた平安な雰囲気の中で、実体を伴わない幻想に過ぎないと結論付けることができます。そこには、地元民に愛される神秘さと穏やかな魅力が存在しています。

夜の大雄山最乗寺にまつわる怪談とは

奥の院へと続く幻想的な道

大雄山最乗寺の周囲には数々の怖い噂が広がり、特に夜になるとその雰囲気は異様なものに変わると言われがちですが、地元民の証言によれば、実際のところは意外にも平穏なのです。そういった伝説が生まれた背景には、歴史ある寺院特有の神秘性と人々の集団心理が影響していることが考えられます。例えば、不思議な気配を感じることはあるものの、それが必ずしも怖い体験に直結するわけではありません。夜間は静かで、普段とは異なる景色を楽しむことができる人も多いのです。染み付いた噂を信じて恐れる人もいるかもしれませんが、地元の皆さんは怪談話を楽しむ一種の文化として受け止めている面もあります。再び強調すると、大雄山最乗寺の怪談は一面的な視点で生まれたもので、実際には地元民に愛される平和な場所なのです。

夜の大雄山最乗寺にまつわる怪談は、いくつかのバリエーションがありますが、共通するのは、道了尊と呼ばれる天狗の存在です。道了尊は、最乗寺の開山了庵慧明禅師の法嗣で、民衆のために多くの公共事業を行ったとされる僧です。道了尊は、死後も天狗となって最乗寺を守り続けていると言われています。
一つの怪談は、江戸時代に最乗寺に参詣した旅人が、夜になっても下山できなくなり、寺に泊めてもらったというものです。旅人は、夜中に不気味な声が聞こえるのに気づき、恐怖におののきました。声の主は、道了尊であり、旅人に対して「お前は何者だ。この寺に何の用がある」と問い詰めていたのです。旅人は、必死に自分の身分と目的を説明しましたが、道了尊は納得せず、さらに「お前はこの寺の秘密を知っているのか。知っているならば、すべて話せ」と迫りました。旅人は、何の秘密も知らないと答えましたが、道了尊は「嘘をつくな。お前はこの寺の宝物を盗もうとしているのだろう」と言って、旅人を捕えようとしました。旅人は、必死に逃げ出し、なんとか下山することができました。しかし、その後、旅人は病に倒れ、死んでしまったということです。


もう一つの怪談は、明治時代に最乗寺に住んでいた僧が、夜になると道了尊の姿を見るようになったというものです。僧は、道了尊に敬意を払っていましたが、その姿はあまりにも恐ろしく、夜になると震え上がってしまいました。道了尊は、僧に対して「お前はこの寺のことをどれだけ知っているか。この寺の歴史や教えを説くことができるか」と尋ねました。僧は、自分の知っていることを話しましたが、道了尊は「それだけか。お前はこの寺のことを何も理解していない。お前はこの寺にふさわしくない」と言って、僧を叱責しました。僧は、道了尊に謝罪し、もっと勉強すると約束しましたが、道了尊は「お前はもう遅い。お前はこの寺から出て行け」と言って、僧を追い出そうとしました。僧は、泣きながら寺を出ましたが、その後、行方不明になってしまったということです。
これらの怪談は、道了尊の厳しい態度や最乗寺の秘密についての想像から生まれたものと考えられます。道了尊は、最乗寺の守護者として、寺に関心を持つ人々に対して、真の信仰心や知識を求めているのかもしれません。最乗寺の秘密とは、何なのでしょうか。それは、道了尊に会うことができる人だけが知ることができるのでしょうか。夜の大雄山最乗寺には、まだまだ謎が多いようです。

しかしながら実際に住んでいる地元民には怖いという感覚はありません。敬意と愛情があると言ったほうがよろしいでしょうか、子供から大人に至るまで道了尊(地元では道了山、道了さんと呼びます)に対して特別な感情があります。

大雄山最乗寺が怖い?最乗寺の見どころと地元民推薦スポット

大雄山最乗寺は見どころ満載

天狗の高下駄


大雄山最乗寺には、多くの見どころがあります。まず、参道を歩いていくと、苔むした杉の大木や石碑が立ち並んでいます。中でも、天狗の高下駄が奉納されている石碑が目を引きます。天狗の高下駄は、大雄山最乗寺の守護神である道了大薩埵が履いていたと伝えられています。道了大薩埵は、空を飛んで寺の建立に協力し、了庵慧明禅師が亡くなると、天狗に姿を変えて昇天したと言われています。高下駄は、大小さまざまなものがありますが、最も大きいものは総重量1000貫(約3.8トン)もあります。


参道を進んでいくと、本堂が見えてきます。本堂は、1954年に再建されたもので、荘厳な造りです。本堂の中には、釈迦牟尼仏を本尊とする仏像が安置されています。また、欄間には彫刻が施されており、内陣には巨大な木魚が置かれています。本堂の中は拝観可能ですが、静かに見学しましょう。
本堂の裏には、僧堂があります。僧堂は、修行道場として使われており、夏には子ども向けの「子ども禅のつどい」や、夏季禅学会などが開催されています。一般の人も参加できるので、興味のある方は事前に申し込んでみてはいかがでしょうか。


大雄山最乗寺は、四季折々の自然も楽しめる場所です。春には桜やツツジが咲き、夏には紫陽花が美しく、秋には紅葉が色づき、冬には雪景色が見られます。特に紅葉は、11月下旬から12月上旬にかけて見頃を迎えます。境内には、約3000本のモミジがあり、ライトアップも行われます。夜の大雄山最乗寺は、幻想的な雰囲気に包まれます。

大雄山最乗寺には、地元民から愛される数多くの見どころがあります。訪れる人々に心の平穏をもたらすこの場所は、その自然美と歴史的建造物で知られています。

なぜこの地が多くの人々に推薦されるのか、その理由は明白です。最乗寺はただの寺院ではなく、訪れる者に静けさと精神性を感じさせる場所。日常の喧騒を忘れさせるほどの厳かな雰囲気と、自然の美しさには圧倒されます。

仁王門付近の杉並木

具体例として挙げるならば、まず本堂へ続く階段です。まるで天に続くかのような、荘厳なこの階段は訪れる者の心を洗い浄めるかのようです。また、地元民からのイチオシは、境内に点在するパワースポット。特に幽玄な空気が流れる小さな洞窟や、古木に囲まれた瞑想スペースは、一度立ち寄ればその特別なエネルギーを実感できるでしょう。そして、足柄山を背にした南足柄からの眺めも、地元民から見ると必見です。

一方で、この場所に対して怖いと感じる人もいるかもしれませんが、実際にはそうした不安を忘れさせてくれるような祥和な空気が流れます。不思議と落ち着き、自分自身を見つめ直すことができる空間なのです。

最終的に言えることは、最乗寺は見どころが満載であり、地元民が語るその魅力は訪れた人々の心に強く残るものです。自然の美しさと寺院の歴史が織りなす、唯一無二の体験をぜひ自分の目で確かめてください。

天狗伝説の秘密と道了尊の神通力

大雄山最乗寺 奥の院

結論から述べると、天狗伝説は大雄山最乗寺の精神的な柱であり、寺の保護者としての道了尊(どうりょうそん)の神通力は信者から深い敬意を得ています。この伝説は、寺の文化と歴史に深く根付いている要素であることが指摘されます。

理由として、道了尊が天狗の力を借りて霊場を護ったとされる説話が伝わっており、それが現地の文化に色濃く反映されているからです。天狗は知恵と力の象徴であり、地元民間では道了尊の神通力と天狗の力が結びついて語られています。

具体例を挙げると、参拝者の間で語り継がれる話に、「山中で迷子になっていた人が天狗の導きにより無事に本堂にたどり着いた」というものがあります。また、「厄災を逃れるために道了尊が天狗に祈りを捧げた」との伝承も残っています。

このような話が単なる迷信だと疑う人もいるかもしれませんが、これらの物語は寺の教えや行事にも反映されており、地元の人々の日常生活に溶け込んでいるのです。信仰心に基づく尊崇として理解されるべきものです。

結論を再び強調しますが、天狗伝説と道了尊の神通力は、大雄山最乗寺における霊的な守護と文化的継承の要です。これらは過去から現在に至るまで寺の魅力の一部として、多くの参拝者を惹きつけているのです。

地元民イチ推し!パワースポットとお参りのポイント

天への階段

大雄山最乗寺の地元民が推すパワースポットは、心身を浄化し訪れる人々に平穏をもたらす神秘的な場所です。

寺の壮大な自然と歴史が融合して生み出される独特のエネルギーは、参拝者に深いリラックスと精神的な充足感を提供します。

例えば、本堂の裏手にある小さな滝は地元民の間で知られた気の結節点であり、瞑想に最適な場とされています。また、本堂へ向かう道中にある一連の苔むした石段は、「天への階段」とも称され、その一歩一歩が訪れる人の精神を浄化していくと言われています。

最乗寺に関する怖い噂を信じて足を避ける人もいるかもしれませんが、実際にはその穏やかさと心地よいエネルギーが多くの参拝者を惹きつけています。

大天狗
小天狗

大雄山最乗寺が怖い?最乗寺へのアクセス情報

大雄山最乗寺への電車、バス、車でのアクセス

伊豆箱根鉄道大雄山駅

大雄山最乗寺へは、電車とバスを利用するのが便利です。まず、小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山線に乗って、終点の大雄山駅まで行きます。所要時間は約21分です。大雄山線では道了尊行きの電車とバスの往復セット券が購入できますので、お得なセット券の購入をオススメします。

大雄山駅からは、伊豆箱根バスに乗って、道了尊行きのバスに乗ります。所要時間は約15分です。終点の道了尊で下車すると、大雄山最乗寺の入口があります。


車で行く場合は、東名高速道路の大井松田インターから県道78号線を南足柄市方面に進みます。そこから直進して約20分で大雄山最乗寺の駐車場に到着します。駐車場は無料で、250台ほど収容可能です。

伊豆箱根鉄道大雄山線

旅行の検討、予約は【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベルをご覧になると便利ですよ。

大雄山最乗寺が怖い?初詣時期などの注意事項など

初詣時期の最乗寺への車のアクセスは

2023年~2024年度 大雄山最乗寺初詣交通規制

初詣時期の交通規制については、以下の通りです。

令和6年 12月31日 23:00 〜 令和7年 1月1日 16:00まで

令和7年 1月2日 9:00〜16:00まで

令和7年 1月3日 9:00〜16:00まで この期間中は、大雄山最乗寺周辺の道路が一方通行や通行止めになります。また、駐車場も満車になる可能性が高いです。そのため、車でお越しの場合は、早めに出発するか、近隣の駐車場を利用することをおすすめします。

なお、狩川沿いにある無料駐車場があります。そこからバスで最乗寺までの移動になります。

電車でお越しの場合は、混雑に備えて余裕を持って移動することをおすすめします(バス乗り場は駅横ロータリーです)

なお、伊豆箱根鉄道は、「初詣臨時電車」を大雄山線で運転。運転日は、2023年12月31日(日)~2024年1月1日(月・祝)。小田原駅1月1日0:00発~5:24発、大雄山駅12月31日23:35発~翌4:50発の、上下各10本を運転します。

駅横ロータリーバス乗り場

最乗寺に行くのに最適な季節

年末の最乗寺

結論として、最乗寺への訪問に最適な季節は秋です。それにはいくつかの理由があります。この季節には、価値ある体験と快適な気候が訪れる人を待ち受けています。

秋は、最乗寺周辺の自然が色鮮やかに染まる時期であり、紅葉狩りの絶好のチャンスを提供します。例えば、寺院の庭園や階段を登る途中に見られる木々は、鮮やかな赤や黄色に彩られ、訪問者に息をのむような景色を提供します。また、意外と見落とされがちなのが、涼しい天候による散策の快適さです。夏の暑さや冬の寒さを避け、心地よく散策できるのは大きな魅力です。

中には「日本の夏の風物詩である花火大会や夏祭りを最乗寺で楽しみたい」と考える人もいるかもしれませんが、実際には寺自体が特にそういったイベントに力を入れているわけではないため、秋の落ち着いた雰囲気の中で寺の本来の魅力を堪能する方が適しています。

再度強調しますが、最乗寺を訪れるのに最も適した季節は秋です。紅葉の絶景と過ごしやすい気候が、思い出深い訪問となることを約束します。

天狗伝説以外に最乗寺にはどんな魅力がある?

様々な天狗下駄

この寺は創建以来、数百年の歴史を有し、文化財としても価値が高い建築物や仏像を多数保持しています。それらを目の当たりにすることで、来訪者は日本の伝統と芸術の深さに触れることができます。また、寺の周囲を取り囲む豊かな自然は、都市の喧騒から離れた静けさとリフレッシュメントを提供します。

例えば、春には桜が満開になり境内がピンク色に染まり、秋には紅葉が静かに色づいていく様子を楽しむことができます。さらに、寺地内の清涼感あふれる清流や小鳥のさえずりは訪問者の心を和ませます。

中には「ただの古い寺ではないか」と考える人もいるかもしれませんが、実際に足を運んでみると、歴史の一片に触れ、自然と調和する場所としての最乗寺の持つ独特な雰囲気を感じ取ることができるでしょう。

結論として、天狗伝説だけが最乗寺の魅力ではありません。歴史、文化、自然が織り成す豊かな体験が、訪れる人々に新たな発見と心の安らぎをもたらします。

最乗寺には天狗伝説以外にも多くの魅力があります。訪れる人々を魅了するのは、寺院の歴史的価値、自然との調和、そして精神的な充実感です。

神奈川西部の名産品紹介 

小田原の干物

小田原の干物は、新鮮な魚を伝統的な技術で丁寧に干した逸品です。小田原は、相模湾に面した港町で、江戸時代から干物の名産地として知られています。干物の種類も豊富で、アジ、サバ、カマス、エボ鯛、イワシなど、季節や漁獲量によってさまざまな魚が干物になります。干物の味は、魚の旨味と塩味がぎゅっと凝縮されていて、ご飯やお酒のお供に最適です。焼くだけでなく、煮物やサラダ、パスタなどにもアレンジできます。

小田原の干物を購入するなら、ひもの専門店がおすすめです。ひもの専門店では、地元漁港で獲れた鮮度抜群の魚を自社工場で加工しています。無添加や減塩など、健康にも配慮した干物もあります。また、ひもの専門店では、干物の試食や体験、レストランなども楽しめます。小田原の干物の魅力を存分に味わえるでしょう。

小田原の干物は、オンラインショップでも購入できます。お取り寄せやお贈り物にも便利です。小田原の干物は、創業大正元年の老舗「早瀬のひもの」や、文久三年創業の「山安」など、歴史あるひもの専門店がオンラインショップを運営しています。小田原の干物の伝統の味を、ぜひご自宅でお楽しみください。小田原の干物は、間違いないです!

大雄山最乗寺が怖い?最乗寺周辺のグルメ情報

地元グルメ情報とB級グルメを紹介

桃太郎商店

大雄山駅から99mのところにある焼肉とラーメンの店です。ステルス金満都市の隠れ高品位食堂と評されています。

桃太郎商店
目次