箱根湯本観光の極意!徒歩と車で巡る最高のモデルコース

※アフィリエイト広告を利用しています

箱根湯本滝通り温泉街

箱根湯本は、一年を通じて多くの観光客でにぎわう人気の温泉地です。しかし、憂鬱な混雑を避けて、存分にその魅力を堪能する方法が完全ではないですが、ある程度緩和できるコースがあるのをご存知でしょうか?この記事では、小田原在住の筆者が実践するなるべく混雑回避のコースをご紹介します。

早朝のひんやりとした空気を満喫する穴場スポットから隠れた名所、そして地元ならではの味覚…。
さらには、賢く利用することで創造されるゆとりある旅の計画例まで、あなたの箱根湯本観光を疲れずに満足させる方法を披露します。疲れずに湯本を満喫する特別感、きっとこれからの旅の幅が広がると思います。

目次

箱根湯本観光の極意!徒歩と車で巡る最高のモデルコース 混雑回避

箱根湯本駅

箱根湯本は箱根の玄関口であり、多くの観光客が訪れる人気のエリアです。そのため、混雑を避けるためには、以下のポイントに注意するとよいでしょう。

交通手段を工夫する

箱根湯本駅周辺は駐車場が限られているので、公共交通機関でのアクセスがおすすめです。公共交通機関とは小田原より箱根登山鉄道を利用するのが確実です(小田原駅周辺に車を駐車して電車移動も確実)


ただし、電車利用は到着後に徒歩もしくはバスを利用することになります。
また夏冬や雨風など天候の変化に左右されるデメリットもあります。

車移動に関しては、特に週末の湯本へ向かう国道1号線は、小田原方面からの流れに二つの高速道路(西湘バイパス、小田原厚木道路)が重なって湯本駅に向かって来るので 湯本駅前を中心に渋滞は必死です。
今回は車使用前提で徒歩も含めますが、まずはこの道路事情を最大限に緩和するコースを選択してみます。

観光スポットの混雑状況を確認する

箱根町では、観光客の満足度や地元の住環境などの向上を目指して、「箱根観光デジタルマップ」を提供しています。(https://www.hakone.or.jp/8441)「箱根観光デジタルマップ」をリリースしました。

|箱根町観光協会公式サイト 温泉・旅館・ホテル・観光情報満載!( hakone.or.jp

このマップには、箱根湯本駅前や強羅駅前のタクシー待ちの人数のほか、観光地周辺などの駐車場の混雑状況が確認できます。また、混雑を避けたおすすめの周遊コースも提案されています。情報を参考に、周遊するのに最適な時間帯や場所、交通手段を選択すると、渋滞を避けた効率的な観光が可能です。
箱根湯本の観光モデルコースを参考にすると、食べ歩きやお土産探し、カフェ巡りなどを歩いて楽しむことができます。また、歴史と温泉を巡るコースもあります。自分の興味や時間に合わせて、コースを選んでみてください。

まずは、今回は小田原人オリジナルの箱根湯本をスマートに巡る方法について述べてみました。信じるか信じないかはあなた次第です。

箱根湯本観光の極意!徒歩と車で巡る最高のモデルコース 事前学習

朝早めのスタートで混雑を避ける

これは、どこの混雑観光地に行く時の必須事項になりますが、箱根湯本は須雲川(早川)沿いに小さく開けた扇状地であり平坦な土地が狭い地域です。

それ故に、湯本を通る道路の本数は少なく、駐車場にも限りがあります。
要はその状況下へ車でアクセスするということなのです。
基本的には週末は渋滞必須、駐車場探しも早い時間からということになります。

完全に混まない道、混まない店は特段難しいですが少しでも回避できる経験則でお伝えいたします。

周辺エリアへ足をのばす

今回お伝えしたい本丸の部分にもなりますが、湯本は基本的に狭い温泉街です。
湯本は大まかに駅周辺と奥地の奥湯本に分かれます。

湯本から少し奥に離れますが『畑宿』と呼ばれる地区があります。湯本ほどのネームバリューはないですが 箱根感を感じながらそれほど混まずに楽しめて食事ができるなら どうでしょうか。

楽しんで食事をした後、湯本へ下り湯本で散策と食べ歩き、最後に温泉のコースになります。

要は湯本で最大に混み合う、道路、食事、そして楽しみ場が少ない部分をカバーしてから 湯本で比較的に混まない場所を選べば、疲れずに満足ができるはずです。

箱根湯本観光の極意!徒歩と車で巡る最高のモデルコース 混雑回避方法

箱根湯本駅前を避ける(車では近寄らない)

普通に箱根湯本を訪れるには国道1号線が基本になります(車移動の場合) 今回は国道1号線で湯本には近寄らず『箱根新道』を利用して、須雲川インターチェンジで降ります。この須雲川インターチェンジは小田原方面からの下り線と、小田原方面へ帰る上り線があるハーフインターです。

芦ノ湖方面から降りる、芦ノ湖方面へ向かうはできないのでご注意ください。

電車移動で徒歩の場合は箱根湯本駅周辺を散策からになります。

目次