箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か

※アフィリエイト広告を利用しています

芦ノ湖

箱根ロープウェイは、その絶景と便利さから多くの観光客に愛されています。しかし、どこから乗るのがベストなのでしょうか?今回は、地元民ならではの視点で、箱根ロープウェイの魅力と、最適な乗り場についてご紹介します。

まず、箱根ロープウェイの魅力について語る前に、その歴史を少し振り返ってみましょう。箱根ロープウエイは、1959年に開業し、以来、多くの観光客を箱根の美しい景色へと誘ってきました。ロープウェイから見下ろす箱根の大自然は、四季折々の風情を楽しむことができ、訪れるたびに新しい発見があります。

また、箱根ロープウェイの料金についてですが、大人の場合、片道は1500円、往復は2500円となっています。しかし、箱根フリーパスを利用すれば、ロープウェイだけでなく、箱根内の他の交通機関も自由に乗り降りすることができ、大変お得です。詳細は公式サイトでご確認いただけます。

さて、箱根ロープウェイに乗るなら、どこが最適なのでしょうか?私たち地元民がおすすめするのは、姥子駅です。ここは駐車台数が多く、また、主要道路から少し離れているため、渋滞を回避することが可能です。

また、途中下車を楽しむなら、大涌谷駅がおすすめです。ここでは、大涌谷の大自然を間近に感じることができ、また、地元のグルメを楽しむこともできます。

最後に、箱根ロープウェイの運行状況についてですが、風速によっては運休することもあります。そのため、出発前には必ず運行状況を確認してください。また、安全に楽しむためにも、ロープウェイ内では指定された場所に座り、揺れに備えることが大切です。

以上が、箱根ロープウェイの魅力と、最適な乗り場についての冒頭説明です。この地元民情報が、皆さんの箱根観光の一助となれば幸いです。

お知らせ

【2024.1/17~2/8、2/14~3/18】箱根ロープウェイ定期点検整備工事実施に伴う一部区間代行バス輸送です。

大涌谷を境に定期工事のため、バス代行運転になっていますのでご注意ください(2024年2月9日現在)

バス代行のお知らせ
目次

箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か検証

箱根ロープウェイの概要と基本情報について紹介

姥子駅きっぷ売り場

箱根ロープウェイは、美しい富士山、大涌谷の噴煙、芦ノ湖のパノラマ大絶景を楽しむことができます。四季折々の自然や絶景も堪能でき、各駅にはお土産にも最適なグッズや、食事ができる施設もあります2。特に、早雲山から大涌谷へ向かう途中には眼下に広がる谷底の景色が、桃源台方面へ向かう途中には富士山や芦ノ湖の景色が楽しめます。

箱根ロープウェイには4つの駅があります

早雲山駅:箱根登山ケーブルカーから乗り継いで利用します。
大涌谷駅:乗り換えの駅となり、早雲山方面と桃源台方面でのりばが異なります。
姥子駅:今回ご紹介する『穴場の駅』となります。
桃源台駅:箱根海賊船、小田急ハイウェイバス、箱根登山バスの発着所が集まる乗り継ぎポイントです。

営業時間は以下の通りです
2月~11月:9:00~16:45 (大涌谷駅のみ9:00~17:00)
12月~1月:9:00~16:15 (全駅)
発車時間は約1分間隔で運行され、定員は18名乗りのゴンドラです。箱根ロープウェイ4駅の各区間の所要時間は約15分です。ただし、混雑状況により所要時間が変動する場合があります。

箱根ロープウェイの魅力とは?

箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイの魅力について説明します。箱根ロープウェイは、その絶景と便利なアクセスで知られています。乗車料金は、大人一人あたり1500円(片道)、2500円(往復)で、途中下車も可能です。また、駐車場も完備しており、車でのアクセスも容易です。しかし、運休風速や運行状況によっては、乗車できない場合もありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

どこから乗るべき?ローカルの視点から

ロープウェイの乗車風景


次に、どこから乗るべきかについて解説します。箱根ロープウェイの乗車ポイントは、その日の運行状況や天候によって異なります。しかし、一般的には、箱根登山鉄道の「強羅駅」からケーブルカーを乗り継いで乗車することが多いです。ここから乗車すると、箱根の美しい自然を一望できる「大涌谷」や、「芦ノ湖」などの絶景スポットを楽しむことができます。また、「フリーパス」を利用すれば、乗り降り自由で乗車できます。

箱根ロープウェイでの楽しみ方

箱根ロープウエイでの楽しみ方について解説します。箱根ロープウェイは、その美しい景色を楽しむだけでなく、途中下車して観光名所を巡ることも可能です。また、おすすめの区間は、「大涌谷」から「桃源台」までの区間です。この区間では、箱根の美しい自然を一望できます。また、「フリーパス」などを利用すれば、乗り降り自由で何度も楽しめます。

箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か 満喫する乗り方

絶景と快適さを求めるなら「強羅駅からケーブルカー」

強羅駅

強羅駅からケーブルカーで早雲山駅に向かい、そこから箱根ロープウェイに乗るというルートは、箱根の美しい景色を楽しみながら快適な旅行を体験できます。以下にその詳細を説明します。

箱根登山ケーブルカー

強羅駅から早雲山駅までのケーブルカー: 箱根登山ケーブルカーを利用して強羅駅から早雲山駅まで移動します。全長約1.2km、高低差約210mのケーブルカーで、途中には4つの駅があります。
早雲山駅からロープウェイに乗車: 早雲山駅は箱根ロープウェイの起点となります。ここからロープウェイに乗車し、大涌谷や桃源台へ向かいます。

ロープウェイの絶景: ロープウェイに乗車すると、大涌谷の噴煙、美しい富士山、芦ノ湖のパノラマ大絶景が楽しめます。特に、大涌谷から姥子駅に向かう途中で富士山が見え、姥子駅を過ぎると芦ノ湖が見えます。

ロープウェイの運行時間: 2月から11月は9:00~17:00、12月から1月は9:00~16:15です。約1分間隔で運行しており、1時間あたりに輸送できる人数は約1440人です。

冒険と自由を求めるなら「早雲山駅」

早雲山駅からの箱根ロープウェイは、冒険と自由を求める旅行者にとって魅力的な選択肢です。以下にその詳細を説明します。

早雲山駅

早雲山駅: 箱根登山ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗り換えができる早雲山駅は、地下1階の箱根登山ケーブルカー乗り場、1階の箱根登山ケーブルカー/箱根ロープウェイの改札、2階の箱根ロープウェイ乗り場と「cu―mo箱根」で構成されています。

箱根ロープウェイ: 早雲山駅から大涌谷駅までは約15分で、約1分間隔で運行しています。全面に窓がついており、どこに座っても空中散歩を楽しめます。

絶景: 早雲山から大涌谷へ向かう途中には眼下に広がる谷底の景色が、桃源台方面へ向かう途中には富士山や芦ノ湖の景色を望めます。

cu―mo箱根: 早雲山駅の2階には、絶景を眺めながら浸かれる足湯やカフェからなる「cu―mo箱根」が併設されています。ここでは、旅行中に写真を撮りすぎてバッテリーがなくなりそうな時でも安心できる充電コーナーもあります。

効率と利便性を求めるなら「桃源台駅」

桃源台駅


桃源台駅からの箱根ロープウェイは、効率と利便性を求める旅行者にとって魅力的な選択肢です。以下にその詳細を説明します。

桃源台駅: 桃源台駅は箱根ロープウェイの西側の起点となり、芦ノ湖・湖畔に位置しています。箱根海賊船、小田急箱根高速バス、箱根登山バスの発着所でもあり、駅構内にはレストランや売店などの施設が充実しています。


箱根ロープウェイ: 桃源台駅から大涌谷駅までは約15分で、約1分間隔で運行しています。全面に窓がついており、どこに座っても空中散歩を楽しめます。


絶景: 桃源台方面へ向かう途中には富士山や芦ノ湖の景色が楽しめます。
営業時間: 3月~7月は8:45~17:15、8月は8:45~17:30、9月~11月は8:45~17:15、12月~2月は9:15~16:15です。

穴場スポット「姥子駅」

姥子駅

今回の記事の本丸の話になります。姥子駅は、箱根ロープウェイの乗り場の中で最も穴場です。そのため、他の乗り場と比べて渋滞が少なく、スムーズに箱根ロープウェイに乗車することができます。

姥子駅からの箱根ロープウェイは、穴場スポットを求める旅行者にとって魅力的な選択肢です。以下にその詳細を説明します。

姥子駅前

姥子駅: 姥子駅は、箱根十七湯の一つ、姥子温泉として知られています。旧跡や豊かな自然を楽しむハイキングコースもあり、富士山を美しく眺められる駅でもあります。なお、ロープウェイは山麓・山頂を直線で結ぶのが普通ですが、箱根ロープウェイは大涌谷駅から桃源台駅間の中間に姥子駅を設け、屈曲させています。

絶景: 姥子駅から大涌谷へ向かう途中には眼下に広がる谷底の景色が、桃源台方面へ向かう途中には富士山や芦ノ湖の景色が楽しめます。

特に、ゴールデンウィークや夏休みなどの繁忙期は、強羅駅や早雲山駅の駐車場が満車になることも珍しくありません。そんなときは、姥子駅で駐車して、箱根ロープウェイに乗車するのがおすすめです。

乗り換えなしで芦ノ湖へ「箱根登山ケーブルカー」

強羅駅へ向かうケーブルカー


箱根登山ケーブルカーは、強羅駅から早雲山駅までを結ぶ関東圏で最も古いケーブルカーです。以下にその魅力を詳しく説明します。

山岳鉄道: 箱根登山ケーブルカーは、高低差214m、6駅の山道を約10分で走ります。日本で有数の本格的な山岳鉄道として知られており、山間を力強く走る姿は圧巻です。

絶景: 箱根登山ケーブルカーの窓からは、箱根の四季の風景が楽しめます。特に、早雲山からの眺めは、芦ノ湖や富士山を見下ろすような美しい絶景が広がっています。

便利性: 箱根登山ケーブルカーは、発車が約15分おきにあり、PASMOやSuicaなどのICカードも利用可能です。また、沿線には「箱根強羅公園」などの名所や温泉宿などが多く集まっています。

箱根登山ケーブルカーの料金、割引情報

強羅餃子センター

箱根登山ケーブルカーの料金は以下の通りです。


1駅:大人90円、小人50円
2駅:大人170円、小人90円
3駅:大人250円、小人130円
4駅:大人340円、小人170円
5駅(強羅~早雲山):大人430円、小人220円
また、以下の割引情報もご利用いただけます。

障害者割引:障害者手帳などをお持ちの方は、チケット窓口に手帳を提示すると、本人のみチケットを半額で利用することができます。介護者の方の割引に関しては、手帳の種類によって割引料金か通常料金になります。

団体割引:15人以上の団体で利用する場合、通常よりも安くてお得な団体割引で利用することができます。さらに、101人以上で利用すると割引率が高くなりますし、学生団体割引なども利用できます。

箱根ロープウェイおすすめ乗車時間と見どころ

大涌谷の噴煙


箱根ロープウェイは、美しい自然と絶景を楽しむことができる素晴らしい場所です。以下に、箱根ロープウェイのおすすめの乗車時間帯、そして季節ごとの見どころについて詳しく説明します。

大涌谷の黒カレー
黒カレーパン
黒たまごまんじゅう

おすすめの乗車時間帯:
大涌谷駅から早雲山駅方面: 14:00〜17:00
大涌谷駅から桃源台駅方面: 10:00〜15:00

季節ごとの見どころ:
春: 新緑の季節には、山々が美しい緑色に覆われ、爽やかな風が吹き抜けます。
夏: 晴れた日には、大涌谷やロープウェイの中から美しく雄大な富士山の姿が望めます。
秋: 秋になると木々が鮮やかに色づき始め、ロープウェイから見下ろす紅葉はいつもとは違った眺めで魅力的です。
冬: 冬は辺り一面に雪が降り積もる絶景スポットです。

箱根ロープウェイは四季折々の自然を楽しむことができ、それぞれの季節に訪れてみると、また違った風景を楽しむことができます。

箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か チケット情報

箱根フリーパス

箱根神社の大鳥居

箱根フリーパスについて詳しく説明します。


料金: 新宿・代々木上原から: 2日間有効で大人6,100円、子供1,100円、3日間有効で大人6,500円、子供1,350円
小田原・箱根湯本・御殿場・三島から: 2日間有効で大人5,000円、子供1,000円、3日間有効で大人5,400円、子供1,250円

利用可能エリア:  箱根フリーパスを使えば、以下の8つの乗り物が乗り放題となります。
箱根登山線
箱根登山バス(指定区間)
箱根登山ケーブルカー
箱根ロープウェイ
箱根海賊船
小田急ハイウェイバス(指定区間)
東海バス(指定区間)
観光施設めぐりバス(箱根登山バス)

メリット:
箱根エリアを網羅する8つの乗り物が乗り降り自由
温泉や美術館などの施設で割引や優待が受けられる
小田急線区間(発駅~小田原駅まで)の往復乗車券がついている

デメリット:
定期観光バスにはご乗車になれません。
小田急ハイウェイバスは指定乗車券をお持ちの方が優先となり、満席の場合はご乗車になれません。
悪天候等により運休になることがあります。

箱根のりものパス Lite

強羅駅前の手湯


料金:
大人: 3,800円
子供: 980円

利用可能エリア
箱根登山電車: 強羅駅〜宮ノ下駅
箱根登山ケーブルカー: 早雲山駅→強羅
箱根ロープウェイ: 桃源台駅→早雲山駅
箱根海賊船: 箱根町港・元箱根港→桃源台港
箱根登山バス: 宮ノ下→箱根町港

メリット:
箱根山内を結ぶ5つの乗り物を楽しむことができます
車で箱根に来た方が、車を停めてから箱根の乗り物を楽しむことができます
箱根強羅公園が入場料無料で利用できます

デメリット:
スマートフォン1台で、2枚以上のチケットを同時に使用することはできません
途中下車可能ですが、各乗り物は指定方向のみ利用可能です
購入時に選択した利用開始日(当日)のみ利用可能です
お客様の都合による、お申込み後の内容変更および取り消しは一切受け付けていません
購入したチケットは返品できません

海賊船・ロープウェイ乗り放題パス

海賊船


料金
1日券: 大人4,000円、子供980円
2日券: 大人4,500円、子供980円

利用可能エリア
箱根ロープウェイ: 早雲山駅~桃源台駅
箱根海賊船: 箱根町港・元箱根港~桃源台港

メリット
箱根ロープウェイと海賊船が乗り放題で、芦ノ湖と大涌谷を満喫できます。
1日券、2日券ともに指定エリア内では乗り降り自由です。
箱根強羅公園、成川美術館、箱根関所の3施設の入場料金が割引になります
「大涌谷 駅食堂」のソフトドリンクが20%割引になります
海賊船特別船室の片道料金が100円割引(子供50円割引)になります
小田急 箱根レイクホテル「湯房 MAYUの森」の入浴料金が150円割引(子供50円割引)になります

デメリット
スマートフォン1台で、複数人分のチケットをまとめて購入・利用可能ですが、それぞれのチケットは個別に有効化する必要があります
悪天候などにより、運休になることがあります
運休により利用できなかった乗り物については、払い戻しを受けることができます


以上の情報を参考に、海賊船・ロープウェイ乗り放題パスの利用を検討してみてください。なお、最新の情報や詳細は公式ウェブサイトでご確認ください

その他の割引チケット

大涌谷駅前


登山電車・ロープウェイ「大涌谷きっぷ」についての詳細情報を以下にまとめました。
料金:
新宿発: 大人5,180円、子供1,080円
小田原発: 大人3,700円、子供980円


利用可能エリア
箱根登山電車: 小田原駅~強羅駅
箱根登山ケーブルカー: 強羅駅~早雲山駅
箱根ロープウェイ: 早雲山駅~大涌谷駅

メリット:
日本有数の急勾配を進む登山電車やケーブルカー、ロープウェイからの絶景を楽しめます
2日間有効で、指定エリア内では乗り降り自由です
箱根強羅公園が入場料無料で利用できます

デメリット:
スマートフォン1台で、2枚以上のチケットを同時に使用することはできません
ロープウェイ定期点検工事期間中は、代行バスへの振替を行います
悪天候などにより、運休になることがあります

箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か 知識情報

箱根ロープウェイの料金


箱根ロープウエイの料金については以下の通りです。

区間別料金
片道:大人1500円、小児500円
往復:大人2500円、小児800円

往復割引
往復乗車券は片道乗車券よりも割引価格となっています。具体的には、大人で片道1500円のところを往復で2500円、小児で片道500円のところを往復で800円となっています。

小児料金
小児(小学生)の料金は、大人料金の約半額となっています。具体的には、片道で500円、往復で800円です。

団体割引
15人以上の団体で利用する場合、通常よりも安くてお得な団体割引が適用されます。さらに、101人以上で利用すると割引率が高くなります。

以上の情報は、2023年4月18日の運賃改定後のものです。最新の情報については、箱根ロープウエイの公式ウェブサイトをご確認ください。

箱根ロープウェイの途中下車情報

大涌谷の黒たまご
黒たまごの外観


箱根ロープウエイについての詳細情報は以下の通りです。
途中下車可能な駅: 箱根ロープウェイには以下の駅があり、途中下車が可能です

早雲山駅
大涌谷駅
姥子駅
桃源台駅

料金: 箱根ロープウェイの乗車券は途中下車が可能で、以下のような料金が設定されています
片道(1日有効):大人1,500円、子供500円
往復(2日有効):大人2,500円、子供800円

途中下車のメリット: 途中下車をすると、各駅周辺の観光地を楽しむことができます。例えば、大涌谷駅では大涌谷の異様な景観を見ることができ、大涌谷名物の「黒たまご」を購入することも可能です。

途中下車のデメリット: 途中下車のデメリットとしては、特に明確なものは見つかりません。ただし、途中下車をすると全体の移動時間が長くなる可能性があります。また、混雑時には乗車待ちの時間が長くなることも考えられます。

箱根ロープウェイの駐車場情報

箱根ロープウェイの各駅には以下のような駐車場が設けられています。

早雲山駅無料駐車場
大涌谷有料駐車場
姥子駅無料駐車場
桃源台駅有料駐車場

大涌谷駅前のロータリー部分には大型バスの駐車も可能な大規模な有料駐車場があります(有料)
桃源台駅には有料、無料駐車場があります(無料は台数が少ない)
姥子駅と早雲山駅には無料駐車場があります。早雲山駅の駐車場は、駐車台数が15台+ロープウェイ利用者専用36台です。姥子駅は穴場で駐車台数も多く無料です。

ロープウェイの混雑状況については、箱根ロープウェイの公式ウェブサイトで混雑予測カレンダーを確認することができます。ただし、これは過去の混雑状況等を鑑みて作成したものであくまで目安となります。天候等の条件によっては実際の混雑状況と異なる場合があります。

箱根ロープウェイの運休情報

箱根ロープウエイの運休情報については以下の通りです。

運休の理由: 箱根ロープウェイの運休は主に設備の更新工事や定期点検整備のために行われます。
運休の頻度: 箱根ロープウェイの運休は年に1回のペースで行われています。
運休情報の確認方法: 箱根ロープウェイの運休情報は、公式ウェブサイトやSNSなどで確認することができます。また、悪天候や火山ガスの濃度上昇による運休情報も公開されています。

箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か おすすめ情報

箱根のお土産といえばコレ!

『私の人生史上一番やわらかい』と評判の和菓子です。国産のもち米を使用した白玉粉を練り上げたやわらかいお餅に刻んだ羊羹を切り入れた箱根を代表する銘菓です。このやわらかさは食べてみないと分からないですよ、ぜひお試しあれ。

箱根のふるさと納税(お得です!)

箱根のふるさと納税で『チーズケーキ』を!チーズが濃厚で食べ応えがありますよ。当然ふるさと納税(実質2000円)ですので所得税の還付、住民税の控除が受けられるので箱根好きでなくとも、利用しない手はありません。お得です!

箱根温泉旅館ホテル共同組合加盟宿泊施設(利用できるホテル等沢山あり、使い勝手良いです)での宿泊券として利用できます。当然ふるさと納税(実質2000円)ですので所得税の還付、住民税の控除が受けられるので箱根好きでなくとも、利用しない手はありません。お得です!

箱根へのおすすめ旅行サイト(楽天トラベル)

国内最大級の旅行サイト【楽天トラベル】で有意義な旅行計画を。楽天経済圏の方はもとより、ポイント還元がありお得に旅行ができます。

箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か『Q&A』

箱根ロープウェイの料金はいくらですか?

大人の場合、片道は1500円、往復は2500円です。しかし、箱根フリーパスを利用すれば、他の交通機関も自由に乗り降りすることができます。

箱根ロープウエイの最適な乗り場はどこですか?

地元民からのおすすめは、姥子駅です。駐車台数が多く、渋滞を回避できます。

箱根ロープウェイは風速によって運休することがありますか?

はい、風速によっては運休することがあります。出発前には必ず運行状況を確認してください。

箱根ロープウェイで途中下車を楽しむなら、どこがおすすめですか?

大涌谷駅がおすすめです。大自然を間近に感じることができ、地元のグルメを楽しむこともできます。

箱根ロープウエイで安全に楽しむためのポイントは何ですか?

ロープウエイ内では指定された場所に座り、揺れに備えることが大切です。当然ですよね。

まとめ:箱根ロープウェイの穴場駐車場!どこから乗ると最高か

黒たまご館

今回は、箱根ロープウェイの魅力と、最適な乗り場についてご紹介しました。特に、地元民からのおすすめは、姥子駅です。駐車台数が多く、渋滞を回避できるため、箱根ロープウェイを楽しむ際には、ぜひ姥子駅を利用してみてください。また、箱根ロープウェイの運行状況は、出発前に必ず確認してください。安全に楽しむためにも、ロープウェイ内では指定された場所に座り、揺れに備えることが大切です。

箱根ロープウェイは、日本の自然の美しさを感じることができる素晴らしい観光スポットです。私も何度も訪れていますが、毎回新しい発見があります。ぜひ皆さんも、箱根ロープウェイを体験してみてください。

スポンサーリンク
目次